on-the-time.jp

2013年12月18日

ニューヨーク地下鉄で、盲人と盲導犬が転んで線路に落ちた!

BBC Newsは、盲人と彼の盲導犬はニューヨークシティー地下鉄線路上に落ちたが、それらの上に入ってきた列車の後に大怪我なしで逃げたと報告した。

61歳のセシル・ウィリアムズ(Cecil Williams)が線路に落ちる自己に遭遇した。
また、止まることができない列車が駅に入る前に、彼の犬オーランドー(Orlando)は彼の後にジャンプした。

両方が安定した状態にあった、と当局は言った。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

ウィリアムズは、歯科医へ行く途中で転倒し、オーランドーが「私を上げようとした。」とAP通信社に伝えた。

「犬は私の命を救いました」と彼がAP通信社に伝えた。

その事件がマンハッタンの125番街A列車駅(125th Street A train station in Manhattan)で火曜の朝に発生した。

証人は、10歳のオーランドーが危険から彼を引き離すことを試みたとともにウィリアムズがプラットフォームの端にあまりにも近くであるのを見たことを報告した。

「彼の足は端の上にありました。彼は動揺していました。また、犬は吠えていました」と目撃者アナ・キオネス(Ana Quinones)がニューヨークポスト(New York Post)に伝えた。

ウィリアムズが落ちた後、保証された盲導犬黒いラブラドルは線路上に地下鉄プラットフォームからジャンプした。

「しかし、一旦そこで元気がなかったならば彼ができることは何もありませんでした」
「彼は、その人とそこにちょうど一緒に座りました。彼は彼を移動させようとして、その人の顔をなめました。」とすぐにアナ・キオネスは付け加えた。

通勤者は接近する列車の運転手に信号した。
運転手は緊急ブレーキを掛けた。

しかし、列車はそのうちに止まることができなかった。
また、少なくとも2つのワゴンがペアを轢いたと言われていた。

ウィリアムは重傷ではなかった。
また、緊急作業員は2人を救った。

オーランドーは傷のために警官によって診察され、その後病院でウィリアムズのところへ連れて行かれた。

ウィリアムズは彼がインシュリンと他の薬剤を服用していると言っていたが、なぜ気絶したか確信がないと言った。

「私は驚嘆したと感じている。」と彼が言った。

「私はその神を感じる、パワーである、私からの蓄積に何かを持っている。それらは今回私を追い出さなかった。」
1995年以来、ブルックリンの自治町村の居住者ゆえ、ウィリアムズは有名だった。

オーランドーは2番目の盲導犬である。

彼は、オーランドーが11歳になり、健康保険が、作動しなかった犬のコストを賄わないようになった後、犬が退くように、オーランドーのためのホームを捜していたと言った。

マンハッタンの125番街A列車駅(125th Street A train station in Manhattan)のGoogle Earthポインター情報
40°48'18.57"N,73°56'20.94"W
または、
40.805158, -73.939150

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。