2013年12月17日

アマゾンは、モバイルペンイメント会社GoPagoを買収。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、米国モバイルペンイメント会社GoPagoの共同創立者で、CTOのビンチェンツォ・ジ・ニコラ(Vincenzo Di Nicola)からのインタビューで、イタリアの新聞ラ・レプブリカ(La Repubblica)によると、オンライン巨人アマゾン(Amazon)のペイメント戦略に関する問題を提起する取り引きによって買収されたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

サンフランシスコ(San Francisco)にベースを置くGoPagoは商人にタブレットに基づいた販売時点情報管理システムを提示する。

それは、レストランとカフェにとても人気がある。

システムはクラウドに基づき、ベライゾン・ワイヤレスのLTEネットワーク(Verizon Wireless’ LTE network)によってアップグレードする。

しかし、GoPagoのシステムに関してとても面白く見えるものは、消費者がそれを集めるために到着する前に、そのモバイルAppを使うことで、それらのモバイル・デバイスによって店内での注文を出すことを可能にするPOSシステムであると指摘している。

アマゾンがどのようにGoPagoの技術を使用するかもは不明瞭である。

歴史上、それはブリック・アンド・モルタル商人(bricks-and-mortar merchants)の競争相手として、それ自体を配置した。

対照的に、ペイパル(PayPal)とアップルのような他のインターネット大手は、例えばBluetooth対応のマーケティング技術の最近の導入と共に、難問を抱えた小売り業者の友人であることを熱望している。

アマゾンによるこの新しい購入が従来の商人に関する戦略の変更をどう示すかは不明瞭である。

ますます、オンライン・オフライン世界が一つに溶け込むように見える場合、確かに、アマゾンは、物理的な支払いでの他のものほど活発ではなかった。

GoPagoのサービスは2012年4月に開始した。

このように、他とは少し違うことを自慢するモバイルペンイメント会社は、いずれどこかに吸収されるか、消えていくことになる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。