on-the-time.jp

2013年12月17日

今までで最大のヨーロッパNFCペイメントに、La Caixaが着手。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、スペインの銀行La Caixaは、国内の3社の最大の携帯電話会社とビザ(Visa)との同盟によってNFCに基づいたモバイルペンイメントの開始用の大計画を実施していると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2014年の初めに最初に柔軟な着手を計画して、銀行は、バルセロナで2014年2月24-27日に開催されるGSMAモバイル世界会議(GSMA Mobile World Congress in Barcelona)のために、それが完全に利用可能な商業サービスを望んでいると言った。

「La Caixaは、ヨーロッパのそのようなシステムで、今までで最大の初公開を表わして、モバイルNFC技術を使用して、スペインで商用ペイメント・サービスを始めている」と会社が言った。

銀行は、テレフォニカ(Telefónica)、ボーダフォン(Vodafone)およびオレンジ(Orange)と協力することにより新しいサービス用の広範囲の吸上げ通風管で、その機会を改善することを望んでいる。

ともに、3社はスペインのモバイル加入者で80%になる。

La Caixaは、ヨーロッパの銀行がビザと同様に主要なオペレーターの支援を備えたそのようなサービスを始めるのが初めてのことであると言った。

La Caixaは、最初の年にそのサービス上で、100,000人を超える加入者を予期する。

それは、より広い配備になる前に、頻繁に非接触カード・ペイメントをする選ばれた顧客に対象することにより、2014年1月にサービスを始める。

NFCとBluetoothのスマート技術は、戦うにではなく、いつか統合されるかもしれない。

ただし、ワンウェイのモバイルペンイメントは、いつか双方向のモバイル・マネーに革新される。
現状では、それはモバイル・ウォレットを経由することになっているが、新しい技術が登場する可能性もある。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。