on-the-time.jp

2013年01月28日

高さ約100フィートの波でサーフィン。

CNNは2013年の写真「2013: The year in pictures」を公開し、2013年01月28日に、ポルトガルのナザレ(Nazare)で、世界記録を破るために、ギャレット・マクナマラ(Garrett McNamara)が現われ、サーフィンの伝説として、今までで最も大きな波のサーフィンを紹介したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

2013年10月29日には、ブラジルの冒険サーファーであるカルロス・ブルレ(Carlos Burle)が、ギャレット・マクナマラに挑戦したが、どうも記録は破れなかったようである。

いずれにしても、サーファーなら、ポルトガルのナザレに行くべきだろう。

私は、高所恐怖症なので、さらに、サーフィンができないので遠慮する。

世界最大に波が来るナザレ(Nazare)のGoogle Earthポインター情報
39°36'4.37"N,9° 4'12.36"W
または、
39.601214, -9.070100

2013-10-29---ブラジルのカルロス・ブルレは、世界最大の波がくるナザレで記録サーフィン。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。