gaYa広告

2013年12月04日

アップルは、3Dデジタル写真のための特許を獲得。

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMac Observerで、アップルは、立体鏡、あるいは3D、ソフトウェアに基づいたシステムによる写真を捕らえるためにシステムについて記述するそのファイルに新しい特許を獲得したと報告した。

システムは平均的なユーザーに、カメラ・ポジショニングについて心配することが必要ないしで、事実の後に写真をともに合併する必要なしに、3D画像を捕らえさせることを可能にする。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

アップルは、それらが捕らえられており、次に最終の3D写真のための最良の2つを取っている後、画像をうまく調和させることによるシステム作業でである。

最終写真は、一旦コンピューターが画像を獲得すれば、深さを持つように見える。

3D写真術は、特許が関係している限り、少なくともアップルにとって初めてのものではない。

アップルは、立体画像を捕らえるために単一のカメラを使用することができた場合システムについて記述した2012年、さらに覆われた顔認識および顔の身振りシステムの初めの特許、およびよりよい色精度を提示するセンサーを申請した。

アップルが元あった特許の3D写真は、ちょうど与えられた(第8,600,151 B2)コダックで起こり、2012年12月にアップル、グーグルおよび他の会社で購入したファイルの一部だった。

アップルは特許を拾い上げ、それは今、知的ベンチャーを通じてもち、それはアップルが一部分である特許の会社が保持している。

アップルが今3Dの特許を持つだけで、イメージ捕獲は、特徴を将来のiPhoneに加えるのを会社が計画することを意味しない。

しかし、それは、それらのスマートフォン・カメラ用のより高いメガピクセルを売り込んでいる競争者とは別に、そのカメラ特徴を課すことを支援するために、会社が使用することができる。

アップルは、このところデジタルカメラの根本的改革にのりだしている。

以前、アドビに出かけ、フォトショップのエフェクター特集を単行本に仕立てたとき、アドビは当時、そのような本は存在していないと言っていた。しかし、その後、加速度的にエフェクター技術が拡大し、メモリー容量も急拡大していることから、1枚の写真から数100枚のバリエーションが瞬時にできるようになっている。

また、それらの多くがフリーウェアで公開されている。

そのような知識を組み合わせると、とんでもない写真が撮影できるようになった。

それは、アニメーション化も昔のように面倒ではなくなっている。

2013-12-03---カメラマンは、ショットを驚かすために、パースペクティブが必要。
2013-11-12---アップルは、キヤノンの新しいカメラのRAW支援を追加。
2013-10-11---ビデオカメラの異端児「GoPro」。
2013-09-30---iPhoneに触れずに、写真を撮る方法。
2013-09-10---アップルは、静かにカメラ会社になった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。