2013年12月03日

第二次世界大戦中の日本のスーパー潜水艦をハワイ沖で発見!

イギリスのIndependentは、科学者は、65年間以上見当たらなかったハワイの沖合で破壊されたスーパー潜水艦を偶然に発見したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

第二次世界大戦中の日本の艦隊で宝石のうちの1つとして、それは技術的な驚異で、原子力潜水艦の前に構築されま、それは最大であった。

長さ400フィート(122M)で、パナマ運河を保護するため、米国によって沈められて以来、「Sen-Toku」クラスI-400は、軍事の歴史家に神秘のままであった。

ダイバーは太平洋の表面の下の約2,300フィートで、巨大潜水艦に遭遇した。

それは航空機を運ぶことができる最初の潜水艦であり、燃料を補給する必要なしで、地球を1.5回回ることができた。

Pisces V深海潜水艦に乗っていた研究者ジム・デルガド(Jim Delgado)は、
「それが休息してサメを見ることを他0ゲットにして捜していたときに、私たちはこれに出合いました。」とロイター伝えた。

米海軍は第二次世界大戦の終わりに5隻の日本の潜水艦を捕らえて、パール・ハーバーで検査されるようにそれらにしむけた。

アメリカの軍隊は、それらが発見され、ソ連の手に入る技術を回避するために1946年に慎重にそれに穴を空けた後、今週発表されたI-400を失った。

「それは撃破され、部分的に崩壊し、急角度で沈みました」と潜水に資金提供するのを支援したNOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration/海洋大気局)の考古学者デルガドが言った。

巨大なI-400クラスでの1隻の潜水艦だけが見当たらないままであった。

研究者は、NOAAが米国務省と日本政府関係者の両方が、その発見物を調査した後に、最新の発見が発表されたと言った。

Units---3 (all survived)
Ships---I-400, I-401, and I-402
Year(s) Completed---1944-1945
Displacement---5,223 tons / 6,560 tons
Dimensions---400.3 ft x 39.3 ft x 23 ft
Machinery---4 diesels: 7,700 hp,electric motors: 2,400 hp
Speed---18.75 knots / 6.5 knots
Range---37,500 nm @ 14 knots
Armament---8x533mm TT fwd + 1x14cm/50 cal. (20 torpedoes).
Max. Depth---100 m (330 feet)
Crew---144 officers and men

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告