2013-12-03

カメラマンは、ショットを驚かすために、パースペクティブが必要。

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、マイケル・ポール・スミス(Michael Paul Smith)はパースペクティブの天才であったと報告した。

The Atlanticは2013年09月10日に、スマートフォンは電話を装う単にコンピューターだけではなかった。それらはさらにますますコンピューターを装うカメラに変貌してきたと報告してきたが、それは同時にアップルのデジタルカメラへの挑戦で会った。

カメラマンは、彼がいくつかの全く驚くべきショットを作成するためにパースペクティブを使用して、25年間「エルギン・パーク」と呼ぶ虚構の町を作っていると報告した。

スマートフォンに2台のカメラが搭載され、誰でもパパラッチ時代になって、カメラの数は天文学的に拡大し、これからは、単に真実を撮影するだけの写真では、プロのカメラマンとは言えなくなった。

マイケル・ポール・スミスが撮影した写真は、すべて今まで想像できた通りの写真ではなくなっている。

さらに、エフェクターの数は、急増している。
さらに、その組み合わせとなると、天文学的になっている。

2013-11-12---アップルは、キヤノンの新しいカメラのRAW支援を追加。
2013-10-11---ビデオカメラの異端児「GoPro」。
2013-09-30---iPhoneに触れずに、写真を撮る方法。
2013-09-10---アップルは、静かにカメラ会社になった。