gaYa広告

2013年12月07日

WTOは、US$1兆の世界貿易取引に合意。

BBC News、AFPは、159カ国の大臣は、インドネシアのバリ会合で世界貿易を押し上げると意図した取り引きに達したと報告した。

今回合意されたのは、貿易を円滑にするための「税関手続きの簡素化」、農業補助金の特例を認める「農業の一部」、後発発展途上国支援に関する「開発」の3分野で、バリ島での会議は4日間の日程で6日に閉会する予定だったが、会期を延長し、7日も未明から協議を行っていた。

WTO(World Trade Organization/世界貿易機構)の最初の包括的協定は、国境を横切って取引するための手続きを単純化する努力を含んでいる。

さらにそこで世界の最貧国による売上品用の改善された無税のアクセスになる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それらはUS$1兆に関して国際貿易を増すことができた取り引きは、農業補助金を増加させるために開発途上国により多くの範囲を与えた。

それが1995年に設立されたので、構成がその最初の包括的協定に達したとともに、WTOチーフであるロベルト・カルバーリョ・デ・アゼベド(WTO chief RRoberto Carvalho de Azevedo)は「私たちの歴史に初めて、WTOは本当に伝えた。」と言った。

ドーハ・ラウンド(Doha Round)が行き詰まっている間に主要貿易国の間では、米国をはじめとする12か国のTPP(Trans-Pacific Partnership/環太平洋経済連携協定)など個別の地域協定が登場しつつある。
こうした中で、ロベルト・カルバーリョ・デ・アゼベドは、ドーハ・ラウンドで世界規模の合意を取り付けられなければ、WTO自体が形骸化するとの危機感を示し、交渉に切迫感をもたらした。

「今回は、全議員はともに来ました。」
「私たちは世界貿易機構で「世界」を戻した」と彼が言った。

インドネシアの貿易臣Gita Wirjawanは、取り引きが「全WTOのメンバーに役立つだろう」と言った。

イギリス首相デビッド・キャメロン(UK Prime Minister David Cameron)は、「歴史的な」合意がUS$10億以上の調子への利益を得る英国のビジネスと同様に世界で最も貧しい人々のための「命綱」かもしれないと言いました。

しかし、パッケージは、それが十分に遠くに行かなかったと言った何人かの開発運動家によって非難された。

この合意の核心はいわゆる貿易促進で、際貿易に含まれるコストと遅れを下げることに関係している。

それは、「官僚的形式主義をカットする」としばしば評された。

何人かのアナリストは、利点が大きいかもしれないことを示唆した。

豊かな国々は、この合意の実行に対してより貧しいWTOのメンバーを支援することに合意した。

バリ・パッケージ(Bali package)の別の重要な様相は貧しい国々が品物をより容易に売ることを可能にすることに関係している。

この部分は輸入品にかかる、関税およびさらにクォータ制限に関係している。

豊かな国々およびより多くの先進開発途上国が、最貧国から製品にかかる関税をカットすることに合意した。

最貧国が「さらに、、より多くの取引キャパシティーを持っていれば、ロジスティクスとインフラストラクチャーへのより多くの投資にそれが帰着する。」と、EU委員カレル・デ・グチット(EU trade commissioner Karel De Gucht)はBBCに伝えた。

しかし、運動家は計画を弱いものと、評した。

世界開発運動のニック・デーデン(Nick Dearden of the World Development Movement)は、
「もし米国とEUが本当に世界の貧困に取り組みたければ、はるかに強い、それらは後発開発途上国にパッケージにさせていたでしょう。」と言った。

この取り引きを得ることは農業補助金に関する既存のWTOの規則へある余分な柔軟性を導入することを含んでいる。

インドは、その新しい食糧安全保障法則の下の穀物に補助金を交付するのをそれが許されることを要求することにより、キャンペーンを繰り広げた。

インドの政策が、農業補助金を制限するWTOの規則を破る大きな可能性がある。

「平和条項」は意見が一致している。
その下で、メンバーは、食糧安全保障プログラムの一部として、補助金範囲に違反するものに対するWTOの論争を始めないことに合意した。

しかし、それは、単に4年続く。
また、運動家からの批判があった。

イギリス本拠のグループWar on Wantのジョン・ヒラリー(John Hilary)は、
「その交渉は、国々が、自由貿易の教義を満たすために飢えと飢餓の見通しに何億を単に露出して、民族の食物権を保護するために永久の保護を安全にしていません。」
バリ会議はWTOの信用で重要なものでした。

取り引きは、ドーハラウンドとして知られて、12年前に始められた、交渉するプログラムのやや小部分を含んでいる。

度重なる遅れはWTOに貿易自由化協定を協定するためのフォーラムとして無関係に見せた。

それは主要な理由であった。
したがって、多くの国々が、取り引きを双方で、あるいは小集団中に結ぼうと努力した。

合意は、WTOの被害を受けたイメージを修理するのを支援する。

それにもかかわらず、ドーハ・ラウンドの残りは終えるのが非常に難しくなった。

取り引きは、農業補助金、工業製品にかかる関税(farm subsidies, tariffs on industrial goods)、サービス中の国際貿易への障害(barriers to international trade in services)、その他のさらなる縮小を求めている。

すべては終えるのが非常に難しく、WTOの159カ国の加盟国の多くの中の国内の政治的要因で絡まる。

したがって、最終取り引きを待つまで、息が付けない。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告