2013年12月07日

メキシコ放射性物質盗難の容疑者6人が入院中!

美容と医学の科学戦争と平和

AFPは、メキシコ中部のイダルゴ(Hidalgo)州で2日に放射性物質「コバルト60」が入った医療機器を放射性廃棄物貯蔵施設に運んでいたトラックを強奪したとみられる男6人が身柄を拘束され、中部地域の病院で放射線症の治療を受けていると、複数の当局者が2013年12月06日に明らかにしたと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

奪われたトラックは4日、首都メキシコ市(Mexico City)から北に70キロほど離れた場所で見つかり、「コバルト60」を含むがん治療機器はトラックから1キロほど離れた場所に置かれていた。容疑者らはこの治療機器に触っていたとみられている。連邦検察庁の報道官によると、6人は環境関連の法律に違反して危険物を輸送した容疑がかけられている。

イダルゴ州の保健当局高官によれば、連邦警察は2013年12月05日夜、6人のうち吐き気や嘔吐(おうと)、目まいの症状があった16歳の少年と25歳の男を病院に送った。

さらにその数時間後に、他の4人も病院に運ばれた。
最初に入院した2人の健康状態には「深刻な問題」が生じているという。当局は病院の周辺を封鎖した。

メキシコNNSC(National Nuclear Security Commission(国立核安全保障委員会)によると、コバルト60に触れた場合、短期間で命を落とす危険がある。

2013-12-06---メキシコで盗難の「コバルト60」を発見した家族が被ばくか!?
2013-12-05---メキシコで、車ごと盗まれた「コバルト60」が、見つかった。
2013-12-02---「極めて危険」な放射性物質「コバルト60」が、メキシコで車ごと盗難にあったと報告。
1987-09-13---ゴイアニア被曝事故(The Radiological. Accident in Goiania)が起こった!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト