on-the-time.jp

2013年12月04日

プラハのホテル地下にある秘密の盗聴の部屋を公開。

ワシントンポスト(Washington Post)は、外国人が冷戦時代に有名なプラハのホテル(Prague hotel)に宿泊した時、1つのことは確かにあった。
それらの電話会話は、建物の下深く約20メーター(66フィート)に隠された地下部屋の秘密警察によってモニターされた。

チェコの首都の中心のベンカスラス・スクエアのヤルタ・ホテル(The Jalta hotel at Wencaslas Square)は、1958年に建設された。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

その鉄筋コンクリート壁を備えたその重い地下室は、共産党員と軍当局に核攻撃の場合の避難所を供給することが目的であった。

しかし、さらに、それは、中心としてプラハのいくつかの国際的なホテルのうちの1つにとどまる西のビジターをその時に向けた監視オペレーションに使用された。

それが55周年記念を迎えるために、500平方メートル(5,382の平方フィート)の地下室はそれ以来博物館に変えられた。

それは先週、一般に公開した。

ヤルタ・ホテルの広報担当マネージャーサンドラ・ゾウザロバ(Sandra Zouzalova, Jalta’s public relations manager)は、ホテルが冷戦時代に多くの秘密活動に光を当てたかったと水曜日に言った。

ヤルタ・ホテルは、共産党員が情報を集めたところで、外国の外交官によって使用される多くの場所のうちの1つであった。

西ドイツの1970年代のビジネス・リプレゼンテーション・オフィスは最盛期目標のうちの1つだった、と彼女が言った。

「それらはホテル部屋のすべてを盗み聞きしていた」とサンドラ・ゾウザロバが言った。

地下室の内部で、ホテルの94部屋に以前通じた配電盤、テープレコーダーおよび多数のワイヤーを含むオリジナルの設備のうちのいくらかがまだあるある。

ディスプレイ上で、さらに、赤、緑および黄色の中でペンキを塗られたいくつかの部屋を示す間取り図がある。

サンドラ・ゾウザロバは、赤い部屋が高価値目標に与えられたと言った。

彼女は、オペレーションが単なる通話をカバーしなかったと言った。

盗聴器はリント・ブラシに付けられた。
また、売春婦もしばしば使用された。

厚さ2メーター(6.6フィート)だった保護壁には150人以上が何か月も生き残ることを可能にするそれ自身の換気装置および巨大な水タンクがあった。

その場所は、チェコの政府当局は使用のためにスペースを放棄した1998年まで秘密に覆われた。

それは、共産主義政体を終了した1989年のビロード革命から9年後だった。

地下室は、1週当たり2日開いている。
また、ゲストは予約で訪れることができる。

そう言えば、東西ドイツに分割されていたとき、西ドイツの政治家が東ドイツで交通事故により、死んだが、それは殺されたと言うことが公然と話されていた。

今も、昔もすることは同じであった。

ベンカスラス・スクエアのヤルタ・ホテル(The Jalta hotel at Wencaslas Square)のGoogle Earthポインター情報
50° 4'52.02"N,14°25'42.31"E
または、
50.081117, 14.428419

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。