on-the-time.jp

2013年12月04日

NSAが世界中で、携帯位置情報を1日50億件収集。

ワシントンポスト(Washington Post)からの2013年12月04日の情報として、AFP、BBC Newsは2013年12月05日に、NSA(National Security Agency/米国家安全保障局)に勤務していたエドワード・スノーデン(Edward Snowden)容疑者から入手した機密情報に基づき、NSAが世界各地で1日当たり、約50億件の携帯電話の位置情報を収集していると報じたと報告した。

NSAは世界中で、携帯電話のネットワークに侵入することによって位置データを収集しており、これらの情報で「少なくとも数億台の携帯電話」の位置情報を示す膨大なデータベースに蓄積している。

それは、アンチ・テロの作業を支援することを目的にしている。

しかし、国外に旅行する米国人の携帯電話の情報から得られた情報も同様に、データベースに蓄積されていると言っている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

NSAによって構築された巨大なデータベースは、「何億もの携帯電話」から目を離さない、とワシントンポストが、「以前に想像不可能だった方法」でそれが機関地図動作および関係をさせたと付け加えて言った。

それは、広大なプログラムがプライバシーへのその衝撃の点から、潜在的に他のNSAプロジェクトも越えると付け加えた。

これらは、「地引き網監視(dragnet surveillance)」と言われ、NSAのこそこそのぞき回る努力が抑制されるように要求したデジタル権利グループによって非難された。

マイクロソフトが、カスタマーの上でスパイ行為をするNSAを妨害するために、より多くの暗号化を使用することを計画するとともに、そのニュースは来た。

携帯電話は通話やメールの送受信をしていない時でも位置情報を発していることから、ワシントンポストに見られた、漏らされたデータは、約27テラバイトほど多くのデータを蓄積したと言われて、NSAの分析官らは数学的手法を用いて位置データを綿密にチェックし、特定の人物の行動パターンを長期間にわたって追跡することができる。

位置情報は、情報収集活動に使用される信号を使って集められており、集められたデータの小さな1%の数分の1だけが、そのアンチ・テロの作業に実際に役立ったように、そのデータを解析するために、現在NSAが使用しているのは、「CO-TRAVELER」と呼ばれるコンピュータ・システムが必要だったと新聞は述べた。

その分析は非常に詳述されるので、それはプリペイド携帯電話を使用するか、単にそれのスイッチを切る前に送受話器を簡潔に使用する人々による調査から隠すべき試みを妨害するために使用することができる。

集められた情報の大部分は携帯電話ネットワークにインストールされたタップから来ると言われており、人々が移動するとともに、ネットワークが記録する基本的な位置情報を使用した。

このデータの分析は、NSAがどの装置が隣接の中に規則的にあるか気づくのを支援し、それらの送受話器の所有者の潜在的な関係を暗に露出できる。

こんなことのために、スーパーコンピュータが必要なのかもしれない。

米国自由人権協会(The American Civil Liberties Union)は、NSAが公開討論のないそのような広大な位置を記録するシステムをマウントすることができたことが「千鳥足(staggering)」だったと言った。

「地引き網監視」は、外国人とアメリカ人のプライバシーを尊重することを要求する米国義務を壊した。

「政府は監視の不正の疑いがある人々に目標を定めていなければなりません。そして、彼らのまさしくその性格によって、膨大な数の罪のない人々の動きを記録する大きい連合データベースを集めてはいけません。」と、それは付け加えた。

NSAの監視に関する情報の安定したフローは、マイクロソフトに不当な調査から、それ自体とそのカスタマーを保護するステップを取らせた、blogpostの中で言った。

マイクロソフトの法定弁護人ブラッド・スミス(Brad Smith, Microsoft legal counsel)は、政府盗聴がコンピューター・ウィルスと他のサイバーテロ攻撃、セキュリティ問題と同じであると言った。

これを受けて、スミスは、マイクロソフトが暗号化のその使用を拡張していたと言った。
それらのデータが求められており、コードをより詳細に見ることを許可するであろう場合、構築された裏口がなかったことを示すために、それが発展するとカスタマーに伝えて、それを止める合法的な注文と戦うことになる。

この考え方の根底には、Googleの検索用インデクシング技術が前提になっている。

BBC Newsは2013年09月26日に、Googleは、3年間最初の主な改良であるコード名「Hummingbird」と名付けられた新しいアルゴリズムで、ユーザーの探索リクエストを解釈する方法への改良を明らかにしたと報告した。

そのすぐ後に、サーバーがアクセスできなくなり、付加の急増が発生し、BLEXBot Crawlerという、あまり行儀が良い検索エンジン・サービスで使用されている情報収集ロボットが攻撃状態になっていたことがある。

このあまり行儀が良い検索エンジン・サービスで使用されている情報収集ロボットが、Googleのものかどうかは、確認できなかった。
しかし、索エンジン・サービスで使用されている情報収集ロボットは、DDoS攻撃に似た行為をすることがある。

2013-09-26---Googleは、主な探索アルゴリズムの改良を明らかにした。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告