2013年12月04日

イギリス政府、SNSに訴訟情報取り扱いのガイドラインを公表。

AFPは2013年12月05日に、イギリス政府は2013年12月04日、これらの情報を漏えいすることで、気付かないうちに法を破ることを防ぐため、Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)のユーザー向けに、訴訟関連の情報の取り扱いに関するガイドラインを公表すると報告した。

イギリスには、訴訟についての報道や公での議論について厳しい規定があり、公平な裁判を損なったとみなされた場合は重い罰金が科される。また、一部犯罪の被害者の身元を公表することは違法である。

従来、こうしたガイドラインは、新聞やテレビといった主要メディアに対してだけ出されていた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

従来、こうしたガイドラインは、新聞やテレビといった主要メディアに対してだけ出されていた。

しかし、今はこれらのメディアがニュースを独占する状態ではないことから、多くは無知を原因とする、ソーシャルネットワークの利用者がこうした規定を破るケースが増えている。

そのため、ソーシャルメディア向けにもガイドラインが作成された。

社交界の名士ピーチズ・ゲルドフ(Peaches Geldof)は先週、ロックバンド、ロストプロフェッツ(Lost Prophets)のボーカル、イアン・ワトキンス(Ian Watkins)から性的虐待を受けたとされる乳児の母親の名前をTwitterで流した。

これについてピーチズ・ゲルドフは謝罪し、すぐにそれを削除した。
その内容は性犯罪被害者のプライバシー保護を定めた法律に違反している可能性があり、警察は立件するかどうか検討している。
だが、裁判所のWebサイトに母親の名前が誤って掲載されていたことが後になって判明している。

つまり、裁判所が違法行為をしていた。

ドミニク・グリーブ(Dominic Grieve)法務長官は、ブログやTwitter、Facebookなどのソーシャルメディアの普及により、個人がたった1つの投稿メッセージで多くの人に影響を与えることができると述べ、「これはわくわくすることだが、刑事司法制度に課題をもたらす可能性がある」とした。

その上で、「以前は、訴訟に関する情報を、訴訟に悪影響を与えるほど多くの人々に提供する機会を持っているのは主要メディアだけだったが、今は違う。今回の(ソーシャルメディア向けの)ガイドライン出すことに決めたのはこういう訳だ」と加えた。

ただし、裁判所が誤って掲載したのに、一般市民が誤って掲載しないか?、現実にそれが可能かどうか?疑問である。
それを取り締まることがさらに可能かどうか?

限定コア内などで可能だが、取り締まることができないことを法律で規制することは、どのような結果を招くのか?

最近、政府などの意見を見ていると、限定コア内などで可能な取り締まりや規制を一般化し、合法の限界が超越されることがある。
これは逆に、無法地帯を法律で拡大しているとも言える。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。