2013-12-03

米国下院は、3D印刷された銃を心配し、禁止することで評決。

ワシントンポスト(Washington Post)は、米国議会は3D印刷(3D-print)されたプラスチック銃を禁止すべきかどうか話し合い。下院メンバーは禁止すべきと評決したと報告した。

2013年12月03日午後早く、部屋は、新しく、時々混同する技術と取り組む、ワシントンの最新の試みでの検出できない火器の全面的な禁止を拡張した。

スティーヴ・イスラエル下院議員(Rep. Steve Israel/D-N.Y)のような議員は、一新に通過することを熱心に強いていた。

先月、スティーヴ・イスラエルは、3D印刷武器への能力がSFを現実に変えたと言って、3Dプリンタを「スタートレック(Star Trek)」を模写するものにたとえた。

現行法は、12月9日に終了する準備ができている。

3D印刷はプラスチック火器上の最近の興奮の多くを集めているが、それらの使用を制限する動きは後ろに少なくとも25歳以上に日付をつけている。

ストーリーは市場に出ている最もポピュラーな火器のうちの1つから、今日グロックが始まる-。

1988年にグロック・バック(Glock. Back)は、グロック17として、その軽量のポリマー構築のためのお気に入りになった。

警官はそれらがもはや圧力の下で使用するには困難で、頻繁な掃除を要求した。
かさばった、6発リボルバーを運ぶ必要がなくて喜んだ。

しかし、グロックは、すぐにそのプラスチック・コンポーネントが、過去の検問所を通過させることを可能にするだろうという恐れが生じた。

したがって、議会は今、検出できない(5歳である法律火器法を考え出した。

それは、金属探知器かX線の機械の中で拾い上げることができなかったし、その通過以来2度更新された銃を禁止した。

上院が今下院の例に従えば、議会はその行為を更新することを3回目で票決する。

チャック・シューマー上院議員(Sen. Chuck Schumer)は、禁止、それを更新しないことで、危険を冒して人々に学校へ3Dに印刷された銃を持って来させてみるだろうという警告、スポーツ・ゲーム、政府建物および飛行機の多弁の提案者でした。

プラスチックの武器によって持ち出された実際の危険は完全に明らかではない。

3Dに印刷された銃を実際に作ることが聞こえるよりずっと困難であることが判明している。

デバイスは壊れやすい。
しかし、3Dに印刷された金属で、より最近の進歩は、ストレス・テスト「monster 500-round stress test.」から残存した銃を製作した。

多くの3Dに印刷された銃の設計は、それらを検出できない火器を従順にするために金属ピンを含んでいる。

しかし、しばしば、その部分は容易に削除できる。

確かに、プラスチックは引き続き内々の種類の好ましい材料かもしれない。それらで作ることは、1つの容易で、神経過敏の議員の目標になっている。

問題は、検閲できないと言うことで、銃を禁止するより、検閲技術の向上を求めるべきだろう。
禁止しても、見つけられないままでは危険であり、見つけることができれば、危険という問題まで解決できる。

何となく、全体の回転が狂っているようにも感じる。

2013-11-15---3D Printshowは、パリでファッションが大爆発。
2013-10-22---デジタル・アート作品は、開発より、早く死んでいく。博物館な対応できるか?
2013-10-17---化石のCT立体画像で最古の神経系を確認。
2013-10-15---Amazeプロジェクトを始動。3D印刷の「金属時代へ」
2013-09-30---NASAは、宇宙に3Dプリンタを送り出す準備中。
2013-09-15---V&A博物館は、3D印刷された銃を表示する。
2013-08-01---3Dプリンターで、電気自動車をアートにしてほしい人。
2013-05-31---ISSで、宇宙で初めて、部品を製造する3Dプリンタを実験する。
2013-05-22---キックスタート科学は、可能か?
2013-05-06---3Dプリンターで作られた銃は、殺傷能力があるか?
2013-02-19---個人用無人飛行機時代がやってきた!
2012-11-21---3Dプリンタで注目されたKickstarterが、特許違反で訴えられた。
2012-10-03---ディズニーは、おもちゃのために3D印刷された照明を開発。
2012-09-20---Replicatorのメーカーは、3D印刷技術をマンハッタンで宣伝。
2012-03-13---3Dナノ・プリンティング速度記録、ウィーン大学が達成!
2012-02-06---移植用のあごが、初めて3Dプリンタで作られた。
2012-01-26---家庭での3D印刷が拡大するとともに、新しい著作権問題が浮上!