2013-12-03

マイクロソフトは、スマート・ブラジャーを開発中。

性とメディア

BBC Newsは、マイクロソフトの研究者(Microsoft researchers)は、ストレスを検知することができるスマート・ブラジャー(smart bra )をデザインしたと報告した。

プロトタイプは、心臓と皮膚活動をモニターする除去可能なセンサーを含んで、ムード・レベルの表示を提供する。

目標はウェアラブル技術が、ストレス関連で過剰に食べることを防ぐのを支援するかもしれないかどうか調べることであった。

ムード・データは「気を紛らすために食べること」が、いつ起こったかを強調するためにスマートフォン・アプリによって着用者に提供された。

マイクロソフトのビジュアル化と相互作用研究グループからのチームは、ブラジャーのジャイロスコープおよび加速度計と同様に心電図および電気皮膚活動センサーも埋め込んだ。

彼らの論文で研究者は、ブラジャーの使用は「私たちが心臓の近くのEKG[心電図]を集めることを可能にしたので理想的だった。」と言った。

大部分はセンサーが心臓からはるか遠くに捜し出されすぎたので、人のための同様の1片の下着を作成する努力はそれほどうまくいきかなかった。

技術をテストする女性は、4日の間、1日に約6時間感情を報告した。

「3〜4時間ごとに充電しなければならなかったので、参加者が私たちのプロトタイプを作られた感じるシステムを着用することは非常に退屈であった。」とマイクロソフトの上級の研究デザイナーアスタ・ローゼウェー(Asta Roseway)が言った。

ウェアラブル技術は一連の健康状態をモニターするためにますます使用されている。

先月は、胸を自分で検査するように女性を激励するためにかぎから外されるごとにそれはぴいぴいとさえずったTwitterを接続しているブラジャーのリリースあった。

また、昨年の特許は、癌を検知するために胸熱を分析したウェアラブル・デバイスに取り組んでいた米国の会社があった。

その間に、インドの一連のレイプに応じて、3人の巧みに計画実行する学生が、センサーで、誰かがそれを着用しているか、女性を探ることを試みる場合に活性化される電子回路が載せられたブラジャーを開発した。