2013年12月03日

エジプトの詩人アフマッド・ファウド・ネグムが84歳で死去。

ワシントンポスト(Washington Post)は、1970年代から現在の暴動まで、急激に口語のアラビア語で、その政治詩が国のリーダーおよび霊感を受けた抗議者を串に刺したエジプトの「人々の詩人」(Egypt’s “poet of the people”)アフマッド・ファウド・ネグム(Ahmed Fouad Negm/احمد فؤاد نجم‎/1929 - 2013)は84歳で、2013年12月03日にカイロで死去したと報告した。

彼の親しい友達および出版者メリット社の管理者で所有者のマホメット・ハシェム(Mohammed Hashem, director and owner of Merit publishing house)は、彼の死を確認した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

死因は報告されなかった。

彼らは、どのように1967年にイスラエルの手で国家の屈辱的敗北、イスラエルとの1979年の和平条約およびホスニ・ムバラク(Hosni Mubarak)の独裁的支配のような最近の歴史のマイルストーンに関して感じたか、アフマッド・ファウド・ネグムの口語のエジプト・アラビア語の使用のために、彼の詩で見た率直な影で、同国人に慕われた。

アフマッド・ファウド・ネグムは、1970年代、および盲目のリュートのようなアラビアの道具ウード(oud,)を演奏した音楽家シーク・イマム・イッサ(Sheik Imam Issa)によって彼の詩が歌われた1980年代に有名になった。

デュオ(この人はポピュラーなcoffee?housesの中で、および大学生のためにほとんど上演した)は、変更には向上心のある若さの世代を励起した。

アフマッド・ファウド・ネグムは、ムバラクの政権を倒した2011年の暴動で、堅い支持者だった。

彼の詩は、しばしばののしり言葉、あるいはわいせつなしゃれで散らかっているアラビア語を悪くするために時々嘲笑される約9000万人の国家エジプトの通りの言語で特徴づける特性があった。

「裁判官は、以前私の詩が天然のままであると私に伝えた」とアフマッド・ファウド・ネグムが思い出した。

「私は彼に尋ねた、『それは、エジプトで起こっていることより天然のままか。」すると裁判官は笑った。」
彼の詩は、社会から疎外されたエジプト人および衝撃を受けた官僚の感傷を通信した。

彼の詩は、国のトップ・ビジネスマンのうちの1人は多弁のファンだったが、連続の政権によって選出されるか、国家の残りから分離されたと見なされたエリートを風刺した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。