on-the-time.jp

2013年12月03日

ノルウェーのいたずら?クリスマスツリーは、本当の「叫び」

ワシントンポスト(Washington Post)は、ノルウェーの大使館(Urd Milbury/ Royal Norwegian Embassy)はアメリカ人への贈り物として、16年間ユニオン・ステーション(Union Station)で大きな木を飾ってきている。

過去には、ノルウェーの国旗や伝統を木に飾ってきた。

今年のテーマは、ノルウェーで最も有名なアーティストのイメージから、エドヴァルト・ムンク(Edvard Munch)の「叫び(The Scream)」であると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

その小さな「叫び』を特色とする強情に暗い装飾が、楽しく700も飾り付けられる。

大使カレ・アアース(Kare Aas)は、「ある意味では、優れたクリスマスの準備をする際に、それは不安をすべて記号化する。」と月曜日にワシントンポストに伝えた。

「私は私自身、その感情を抱く。私は時々鋭い音を立てたいただ一つの1つだけではない。」

また、実際に、誰がしないか。

しかしテーマ、彼は我々に伝えた、単に休日気分の炉心溶解についてのステートメントではなく、今月のミュンシュの誕生150周年記念に対するノルウェーの促進の一部である。

「彼は、年間を通じて世界的に祝われた。」と大使カレ・アアースが言った。

「それは、オスロが、現代芸術のヨーロッパ文化的首都としての増加した影響の現れである。」
8月にワシントンに配属された大使カレ・アアースは火曜の夜、彼の最初の職員をつける式で統轄する。
そこでは、ユニオン・ステーションの苦しんでいる通勤者と買物客は、32フィートの木を初めて見ることになる。

そこから見えるのは、、20,000の明かり、木を上へ滝のように落ちるアメリカ・ノルウェーの国旗、および枝からぶら下がる小さく白いつららのように見えるものだけである。

ユニオン・ステーション(Union Station)のGoogle Earthポインター情報
38°53'47.76"N,77° 0'23.44"W
または、
38.896600, -77.006511

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。