2013年12月03日

稲の収量を増やす遺伝子「SPIKE」を発見。

AFPは2013年12月04日に、フィリピンに本部を置くIRRI(International Rice Research Institute/国際稲研究所)は、世界で最も重要な食用作物の1つであるコメの収量を飛躍的に増加させる可能性がある、驚くべきイネ遺伝子を発見したと発表したと報告した。

「SPIKE」と呼ばれているこの遺伝子をインド型のイネ「インディカ米」の近代品種に導入すると、収量を13〜36%増やせることが予備試験で明らかになったと言っている。
インド型品種は、世界で最も広く栽培されている種類の稲である。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

IRRI主導のSPIKE品種改良計画を統括する育種研究者の石丸努(Tsutomu Ishimaru)によると、「SPIKE」遺伝子を導入した新品種の試験が、アジアの発展途上国数か国で進められているという。
石丸努は、「この新品種がリリースされれば、これらの地域の食糧の安全保障に貢献するに違いないと考えている」と語っている。

IRRI広報のグラディス・エブロン(Gladys Ebron)によると、「SPIKE」遺伝子を注入したイネを農家に流通させる具体的なスケジュールはまだ決まっていない。

グラディス・エブロンによると、「SPIKE」遺伝子は、インドネシアで栽培されている熱帯日本型(トロピカル・ジャポニカ)の在来品種を活用した1989年に開始された研究で発見された。
熱帯日本型品種は主に東アジアで栽培されており、世界のコメ生産量の10%程度を占めている。

研究チームは次に、アジアで主要な稲作地域で広く栽培されているインディカ品種に「SPIKE」遺伝子を入れるための研究を行った。グラディス・エブロンによると、論争を呼んでいる遺伝子組み換えの手法は使わず、交配による育種で「SPIKE」遺伝子をインド型品種に導入した。

IRRIによると、コメは開発途上世界で最も重要な食用作物で、貧困の中で暮らしているアジアの6億4000万人を含む全人類の半数以上が消費している。

IRRIは、コメの価格を1トン当たりUS$300(約3万円)前後の手頃な水準で安定させるには、毎年800万〜1000万トンずつ生産量を増やす必要があると試算している。IRRIによると世界のコメ生産量の約9割がアジアで生産されている。

1960年代に設立された非営利団体のIRRIは、イネの新品種によって収穫量を飛躍的に増加させた1960年代の「緑の革命」で重要な役割を演じた団体として広く認識されていると報告した。

2013-11-05---フィリピンで、世界初の遺伝子組み換えイネを2016年発売。
2012-12-24---おコメの数を増やす遺伝子TAWAWA1を発見!
2013-02-01---不健康な学校から、より健康な学校へ。
2013-01-10---すべての食物の半分は、「廃棄された。」
2012-12-27---モバイル・マネーが、マラウイで食糧不足を支援!
2012-12-09---なぜ味は、感覚のすべてか。
2012-11-30---パンを60日間腐らせないで食べ続けることができる技術を開発した。
2012-11-17---道徳から言って、なぜ、肉食はよくないのか!?
2012-11-10---デンマークは、高脂肪食品に対するデブ税(abolish tax)を廃止。
2012-10-31---世界規模の温暖化で、バナナはジャガイモと交換できた!
2012-09-24---北朝鮮は、農業改革を導入?
2012-08-30---食品価格が10%ジャンプ!世界銀行が警告した。
2012-08-21---低所得農家20%と高所得農家20%は所得差が10.19倍。
2012-08-09---世界の食品価格は極端な天候により7月に上昇。
2012-07-29---将来の食糧:私たちは20年後に何を食べているか?
2012-03-09---2月の中国消費者物価3.2%上昇 0.1ポイント縮小。
2012-02-21---中国政府、生産・流通・調達など対象にした初の食糧法案を起草。
2012-02-19---研究所で培養された、世界初のアーティフィシャル・ハンバーガー。
2012-01-23---食品シンボリズム---われわれはなぜ食品に意味を持たせるか!?
2012-01-12---健康と食糧安全の利点を変更できる気象環境。
2011-12-20---どうなる中華料理!中国で野菜6週連続上昇!
2011-11-24---中国の農産物6週連続値下がり 豚肉は1割安。
2011-10-18---北朝鮮の食糧不足を評価するため、国連のヴァレリ・エイモスが訪問!
2011-10-04---世界食糧計画は携帯電話で、食糧援助資金を転送!
2011-10-01---デンマークは世界初の食物非健康食品税を導入!
2011-09-24---世界銀行、アフリカの角への干ばつ援助を増加!
2011-08-15---東アフリカ飢饉と戦う新しい「バンド・エイド」を立ち上げた!
2011-07-20---飢饉に直面している避難民に、一時延期はない!
2011-06-22---世界の人口急増!
2011-05-31---DNA(遺伝子)と遺伝調査。
2011-05-30---世界の食品価格は2030年までに倍増する。
2011-05-11---食糧危機の中、食料の3分の1が無駄に廃棄されている!
2011-01-24---欧米で徐々に広がる「昆虫食」は、将来の食料危機を救う?!
2010-08-30---遺伝学者によって、リンゴのDNAが解読された。
2010-08-26---イギリスの科学者は小麦ゲノムのドラフト配列をリリースした。
2010-08-19---干ばつは、10年間の植物成長で衰退を追い立てた。
2010-07-28---偉大なるチーズ!
2010-07-04---日本人早食い王、米国で逮捕!
2010-02-03---世界食糧計画、ブルキナファソで食物商品券をテキスト配信!
2009-11-11---国連機関、世界中で「断食」を要請!
2007-06-08---悲しいG8! 遠のいた地球温暖化問題!!
2005-12-26---新華社の2005年トップ10勢揃い。
2005-08-11---稲の遺伝子地図を完成したと発表した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。