2013-12-03

SU(Singularity University/特異性大学)は、人間のための先端技術の将来を計画。

BBC Newsは、デービッド・テナント(David Tennant)ga演じるロブ・ネイル(Rob Nail)は、シリコンバレーのドクターWhoのように部屋に入ってくる。

身体に合わせたようなテーラーのスーツ、3D印刷されたトレーナー、ソニック・スクリュードライバーのカリフォルニアのねじれ、Google Glass。

しかし、彼の将来がどのように見えるか予言する日のうちのほとんどを過ごすにもかかわらず、彼は時間君主になりたくない。

「私は、ロボットのようにもっと感じます」とSU(Singularity University/特異性大学)の最高経営責任者が言った。

彼は、生物学とシリコンがますます衝突するとともに人間とロボットの間のギャップはなくなってきていると考えている。

彼は、その例からよろめいている。

網膜の小さな電極とGoogle Glassデバイスを組み合わせて、数週時間で弱視の人々のために、米国で利用可能になるバイオニクスの目を開発した。

それらがより広く、公までろ過することは時間の問題だけである。

「パイロットに役立つ。」と彼は言った。

彼は、ユーザーが、嘘をついているかどうかを伝えるのに、人々の顔の熱地図を読むことで可能にする次世Google Glass用アプリケーションについて記述した。

「それらは禁止されるか、あるいは世界の重役会議室の必須アイテムになるでしょう。」
また、最初の再度設計された人間はまた遠方ではない。

「それは、ある疾病を相殺するために翌年内に恐らく最初に来るでしょう」と彼が予言した。

彼は、「クラス上部に今後、高められなければならなくなるだろう。」とmatter-of-factlyに言った。

特異性大学は、1つの本質的なシリコン・バレー概念である。

それは、地球上で最も明るい心のうちのいくつかへのホームであるからではない。

あるいはNASAのマウンテンビュー内のリサーチパーク、および、Googleキャンパスの短い距離のでそれが基づくという事実である。

人々にSUに急に関心を示させているものは、既存市場を分裂させる場合がある革新として、バイオテクノロジーで製造するデジタル、ロボット工学から人工知能までそれが世界を変えるだろうと信じる一連の破壊的技術を識別したという事実であった。

役割の強調と同様に、それらは将来の社会の中で遊ぶ。SUにはさらにいわゆる「壮大な地球規模の難題」欠乏、エネルギー、食物、教育および疾病を解決するためにそれらを使用する適度の野心がある。

人工知能が人間の知力に追いつく場合の転換点として、SUに神神しい図がある場合、それはGoogleの技師長、および特異性の概念と同義になった人レイ・カーツワイル(Ray Kurzweil, Google's chief engineer)である。

彼は、それがいつ起こるだろうかについて、「今(2045年)、あなたの日記にエントリーを入れ、足を上げて、ロボット大君主が引き継ぐことを可能にする。」とさらに日付を置いた。

また、るSUの聖書共同創立者ピーター・ディアマンデス(Peter Diamandis)による本には有り余るほどの量がある。
それは、すぐに私たちが地球上の皆の必要を完了する、技術的なキャパシティーをどのように持つだろうかについて非常に話している。

今、SUは、リスト・アカデミーの威厳のある環境で、そのブダペストで最初のヨーロッパ・サミットを主催して、ヨーロッパへの福音を広げている。

週末会議中に聞く可能性が最もありそうな句は、「指数関数曲線(exponential curve)」である。

これは、技術革新がもはや線形の進行ではなく、-生物学・非生物学のもののシームレス統合である頂上で、変更の止められない山であるという考えである。

キャンパス上の冗談は、SUが大学でもあるということで、それは特異性を教えない。

代わりに、Google、AutodeskおよびXプライズ財団(X Prize Foundation)を含む会社によって資金提供された組織は、会議と同様に一連の卒業生と企業プログラムを実行する。

その10週の夏期講座は多いにポピュラーである。
しかし、それは毎年わずか80人の卒業生しか連れて来ない。

10年以内に10億人の生活を変える力を持っている草分け的な操業開始の種子で各々が出現すると予想されている。

プログラムは、100の会社に関してこれまで外に出てきた。
それらのうちの50が資金提供された。

それらはpeer-to-peer car sharing scheme(ピア・ツー・ピア・カー・シェアリグ計画)のGetaround、バクテリアを使用するBlue Oak、発展途上世界の重大な薬を伝えるために無人飛行機を使用するMatternetを含んでいる。

より論争好きなのは、生物学・非生物学のものの間のそのクロスオーバーを既に作っている研究所中の人為的な肉を育てる2つの操業開始のような会社がある。

「私は菜食主義者です。また、私のために、ペトリ皿中の肉を育てる考えは雌牛の側からそれを叩き切るよりはるかに少ない倫理的問題を持っています」とロブ・ネイルが言った。

「今、人々の10%だけが、そのような肉を食べることを選ぶかもしれません。しかし、私は、それらの数は次の5年に劇的に変わるだろうと思います。」

また、この夏、キックスターターに乗り出した時、強烈なプラントを作成するプロジェクトは論争を引きつけた。

それは、あなたが別の有機体の中への1つの有機体からのDNAをドラッグ・アンド・ドロップすることを可能にする生物発光の遺伝子を芥子菜に加えることによりこの場合、SUスピンオフに起因した。

ロブ・ネイルさえ、それを見つけて、キックスターター・フォーマットが、人々にバイオハッキングを手ほどきする「カウボーイ方法」に、恐らく少しだったことを認める。
遺伝暗号を操作することについての考えは、「スーパー怖がらせている。」
しかし、彼は、そのような周知が「これらのものに関する会話を始める。」と言った。

SUの人々は、そのバイアスを克服したように見えて、生物学的存在とシリコンが完全に調和して生きているところで、ユートピアの将来に関する楽観論でいっぱいである。

より少なく増強されたものは、我々の間で無数のSFフィルムの中で描写された、それが文字どおりの感覚の中にとても恐らくスリリングだろう一方の方法として、より反ユートピア的なビジョンの方へ変わるかもしれない。