2013-12-03

グローバルな「ピサ・テスト」で、イギリスと米国は遅れている。

BBC Newsは、イギリスは、15歳によって得られた国際的なグローバルなテストで、数学、読書および科学の中でトップ20をなれずに、競争相手より遅れていたと報告した。

イギリスの教育長官ミハエル・ゴベ(England's Education Secretary Michael Gove)は、1990年代以来、「どんどん停滞し、最悪の場合でも傾き、学校基準がそうだった。」と言った
中国の上海はOECDのピサ・テスト(OECD's Pisa tests)でトップの教育組織であった。

イギリス内では、スコットランドは、イングランドの数学と読書より技量が上であった。
しかし、ウェールズはすべてで、平均未満であった。

ミハエル・ゴベは、カリキュラムを変更し、より貧しい生徒への財政的援助を指図するような彼の改革が、イングランドの学校が「さらに遅れる」ことのを妨げることを目指すと議員に伝えた。

影教育長官トリストラム・ハント(Shadow Education Secretary Tristram Hunt)は、進行の不足に対するある責任をとるようにミハエル・ゴベに要求し、結果が、共同作業市場の力より有効だったことを示したと言った。

育特別委員会のチェアーであるグレアム・スチュアート(Graham Stuart, chair of the education select committee)は、結果が「非常に落ち着いていた」と言い、、学校での大規模投資にもかかわらず、「私たちはどこにも行かなかった」ことを示した。

特にウェールズの中の成績不良に応じて、文部大臣フー・ルイス(Education Minister Huw Lewis)は、
「ウェールズの教育セクターで働く誰でも、鏡に映して長い困難な外観をとる必要があります。」と言った。

この結果を見ると、トップ10に入っているのはアジアが7カ国で、ヨーロッパが3カ国、米国、ロシアは平均以下であった。

READING(読書) TOP 10
1. Shanghai 570
2. Hong Kong 545
3. Singapore 542
4. Japan 538
5. South Korea 536
6. Finland 524
7. Ireland 523
8. Taiwan 523
9. Canada 523
10. Poland 518
Source: OECD

MATHS(数学) TOP 10
1. Shanghai 613
2. Singapore 573
3. Hong Kong 561
4. Taiwan 560
5. South Korea 554
6. Macau-China 538
7. Japan 536
8. Lichtenstein 535
9. Switzerland 531
10. Netherlands 523
Source: OECD

SCIENCE(科学) TOP 10
1. Shanghai 580
2. Hong Kong 555
3. Singapore 551
4. Japan 547
5. Finland 545
6. Estonia 541
7. South Korea 538
8. Vietnam 528
9. Poland 526
10. Canada 525
Source: OECD