2013年12月03日

日本の外交官は、キンシャサ大使館の火災で逮捕。

BBC Newsは、コンゴ民主共和国(Democratic Republic of the Congo)の日本の大使館に勤務する3等書記官だった外交官は、使命で火事を起こしたことの容疑で逮捕されたと報告した。

30歳に山田真也(Shinya Yamada)は横領したクレームの証拠を隠滅するため、6月に崩壊した容疑により、東京で拘留された。

約US$260,000が見当たらなくなったと、日本の外務省が言った。

誰も火災でけがをしていなかった。
火災は建物の4階を破損しました。

日本のメディア報道によれば、山田真也は主張を否定した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

日本人調査者が外交使節団で外国へ生じた場合を調査することは珍しいことである。

岸田文雄外務大臣(Foreign Minister Fumio Kishida)は、「それは非常に遺憾です。外務省の職員は逮捕されました。また、公的資金の損失を含むその深刻な損害が与えられました。」と言ったとAFP通信社が報告した。

伝えられるところによれば、キンシャサ(Kinshasa)の日本大使館(Japanese embassy in Kinshasa)の三等書記官山田真也が使命で説明することを担当していた。

警察は、彼のオフィスにガソリンをまき散らし、それを燃え上がらせる前に賭博の習慣で資金を供給するために、彼が大使館金を横領したと信じる、と報告書が述べた。

大使館建物に出入りする防犯カメラを分析し、山田真也が最後にでたことが判明した。

警察は、さらに山田真也のキンシャサの自宅でガソリンタンクを見つけた。

火の後、使命の20人のスタッフは、大使の官舎および近くの団地の仮事務所へ移された、と日本の外務省が言った。

岸田文雄外務大臣は、日本の人々に謝罪し、加えて、彼のオフィスが「緊密に警察の調査と協力していた」と言った。

外務省と言えば、昔、入らないかとある人から誘われたことがあった。
しかし、最終的には日本のスパイであり、スパイが嫌いな私にはできないと言って断ったことがある。

さらに、外務省の外交官には、麻薬常習者もいると聞いたことがある。

キンシャサ(Kinshasa)の日本大使館(Japanese embassy in Kinshasa)のGoogle Earthポインター情報
4°18'11.51"S,15°18'9.36"E
または、
-4.303197, 15.302600

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。