2013年12月03日

南アの電子料金回収システムは、交通渋滞を招いた。

モバイル・マネー

BBC Newsは、従来は交通停滞を減らすために採用された「e-料金」システム("e-toll" system/電子料金回収システム)であったが、南アフリカの有料道路システムは、代替路線を使用するために集まる運転手の後で、巨大な交通渋滞がヨハネスブルグで始まったと報告した。

野党(Opposition parties)、労働組合(trade unions)と教会は、それが悪く設計されている、と不公平を言って、遅れに遅れたシステムのボイコットを要求している。

「e-料金」システムは、ヨハネスブルグ(Johannesburg)のまわりの環状道路および首都プレトリア(Pretoria)への高速道路に影響している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

政府は、料金が改善された道のための支払義務であると言っている。

BBCのヨハネスブルグ特派員Pumza Fihlaniは、総選挙から数か月遠ざかってちょうど、問題がますます政治的になったと言った。

ヨハネスブルグとプレトリアのまわりの交通情報は、数珠つなぎの大停滞が郊外の道にあると述べた。

「ぎっしり詰まっている」ものと、警察スポークスマンは雑踏を評し、早朝、サパ通信社(Sapa news agency)が報告するのでそれが緩んでいないと付け加えた。

BBCの特派員は、対照的に、新しい有料道路上に交通がほとんどなかったと言った。

批評家は、南のアフリカ人が、燃料税、VATおよび既存の料金を既に納付するので、e-料金が不公平であると言った。
今、いくつかの道には「e-料金」ガントリー(e-toll gantries)と従来の乗り組道路料金所(conventional, manned toll-gate)の両方がある。

最小月額料金550ラント(US$54)の支払いを登録する運転手、一方で、7日以内に払わない場合、最高3倍支払うにあまり登録しない人々がいる。

それらが前もって払っていない場合、それらの自動車ナンバープレートは、家への有料道路および仕向送金為替上で、ガントリーによって走査される。

地方の組織は、最後の瞬間の訴訟事件をさらに始めて、プロジェクトを止めるために、数年間不成功にキャンペーンしている。
それは拒絶された。

批評家はシステムを「暴利」と評した。

政府は、「e-料金」が、それが商業資本、ヨハネスブルグのまわりの密集した道を改善する余裕があった、ただ一つの方法であると言った。

Sanral(The South Africa National Roads Agency/南アフリカ国立道機関)は、ドライバーに法を破らないか、前科に耐えることをしないよう訴えた。

the timeline of events leading up to the day Gauteng motorists will start paying.

October 8, 2007 -- Gauteng Freeway Improvement Project (GFIP) is officially launched.
October 12, 2007 -- Intention to toll sections of Gauteng's freeways published in Government Gazette. Public asked to comment.
November 14, 2007 -- Closing date for public comment on the proposed introduction of e-tolls.
March 28, 2008 -- Sections of Gauteng freeways declared toll roads in Government Gazette.
June 26, 2008 -- Construction of the first phase of the GFIP commences.
June 2010 -- The SA National Roads Agency Limited (Sanral) starts erecting toll gantries along Gauteng's freeways.
February 4, 2011 -- Sanral announces e-toll tariffs and that registration commences in the second quarter of 2011.
February 18, 2011 -- Congress of SA Trade Unions announces it will call for strike action over the introduction of e-tolls.
February 22, 2011 -- The then transport minister Sibusiso Ndebele suspends implementation of e-tolls and establishes a committee to address concerns about the tariffs.
March 2011 -- Public consultation process on e-tolls takes place.
June 2011 -- GFIP steering committee announces reduced e-toll tariffs following the public consultation process.
August 10, 2011 -- Cabinet approves the revised tariffs for e-tolls.
October 23, 2011 -- Ndebele orders that e-tolls be halted and that further consultation take place.
November 2011 -- Public hearings held on e-tolls.
February 22, 2012 -- In his budget speech, Finance Minister Pravin Gordhan announces that e-tolls will go ahead at reduced rate in April of that year.
March 2012 -- Opposition to Urban Tolling Alliance (Outa) applies for an urgent interdict in the High Court in Pretoria against the implementation of e-tolls.
April 29, 2012 -- The court grants Outa an interim interdict pending a full judicial review.
March 22, 2012 -- Treasury files an appeal against the interim interdict in the Constitutional Court.
August 15, 2012 -- Case is heard in the Constitutional Court.
September 20, 2012 -- Constitutional Court sets aside the temporary interdict.
December 13, 2012 -- After the full judicial review, the High Court in Pretoria rules against Outa in its application to have the implementation of e-tolls set aside.
January 25, 2013 -- High Court in Pretoria grants Outa leave to appeal to the Supreme Court of Appeal (SCA) against the December ruling.
September 25, 2013 -- Outa appeal is heard in the SCA.
October 9, 2013 -- Outa loses its appeal in the SCA.
November 20, 2013 -- Transport Minister Dipuo Peters announces e-tolls will go live on December 3.
November 26, 2013 -- Sanral warns that a hefty bill awaits non-registered motorists without e-toll accounts who fail to pay for e-tolls within a week. The Freedom Front Plus announces a last-minute attempt to stop the implementation of e-tolls through an application for an interdict in the High Court in Pretoria.
December 2, 2013 -- FF Plus application is heard in court.

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。