on-the-time.jp

2013年12月03日

ジョージ・オドン出産装置は、自動車修理工がコルク栓抜きの発想から開発した。

美容と医学の科学性とメディア

BBC Newsは、難産の女性を支援する「潜在的で、革命的な」装置は、ありそうもない出所から来ましたと報告した。
アルゼンチンの自動車修理工ジョージ・オドン(Odón Device)は、産科学の世界との接触を持っていなかったが、彼には、発明の才能があり、彼自身5人の子どもを持っていることとは別に、パーティー策略に基づいた考えで、革命的な出産装置「Odon childbirth device」を開発したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

「例えば、私が寝ていて、頭はそれを通り抜けると思うでしょう。作業現場で同じ問題を持っていれば、それは当然来ます。また、の解決は、夜中に飛び起きました。」と彼は言った。

しかし、2005年まで、彼の合計8特許のうちのすべては、力学、安定化棒、自動車保留およびその他同種の分野であった。

ジョージ・オドンのガレージのスタッフが、空き瓶の内部からの緩いコルクを抽出する方法を明らかにするYouTubeビデオを彼に示した後、これはすべて変わった。

それは著しく単純であった。

ボトルを傾けて、首を下ってビニール袋を詰めて、開始に息を吹き込む。

コルクをそれ自体でしっかりと包むボトルの内部のバッグ気球にして、その後、それをただ引き抜く。

ジョージ・オドンは、直ちに友達のカルロス・モデナ(Carlos Modena)に夕食の賭けを挑みました。

彼は、食卓上のコルクを含んでいるボトルを置き、パン・バッグを含むいくつかのオブジェクトをレイアウトした。

徹底的に当惑して、モデナは、コルクを得るただ一つの方法がボトルを強打することだろうと主張した。

したがって、ジョージ・オドンは彼に策略を示し、賭けを勝ち取った。

しかし、その夜、彼が妻の隣に眠るとともに、ジョージ・オドンには発想の瞬間があった。
万が一彼が、女性が出産するのを助けるために同じ原理を使用したらどうなるか。

04:00に、彼は、彼女を起こそうとした。

「マルチェラ、このコルク策略は、出産をより簡単にすることができました!」
彼は言いました。

彼の妻は、「それはよい!」と口ずさみました、眠るためにひっくり返し戻った。

続いた時期で、ジョージ・オドンはそれを上方へ熟考し続けまたが、人々に彼の言うことを聞かせることは困難であると分かった。

大部分は、その考えは正気でないと思えた。

結局、彼は、家族の産科医に彼を紹介するようにモデナを説得した。

「我々は病院へ行き、妊婦でいっぱいの部屋にスーツで座った。」とジョージ・オドンが言った。

「私の友達はまだ懐疑的だった。したがって、初めは、我々が医者に診てもらいに行った時、彼は私からとてもはるか遠くに座った。しかし、一旦医者がこの考えに興味を持っていて全く感動したことを理解したとき、彼は椅子を移動させた。」
また、「我々」はこれを発明した!」と言って、Odonは特許を登録し、プロトタイプの構築に着手した。

彼とモデナは娘の人形およびいくつかのジャム壷をとり、ワークショップでの実験をし始めた。

一旦彼が実用模型を作ったとき、ジョージ・オドンはブエノスアイレスの医学教育と臨床研究のセンターでザビエル・シュバルツマン博士(Dr Javier Schvartzman at the Centre for Medical Education and Clinical Research in Buenos Aires)に接近した。

ジョージ・オドンがボトルとコルクを得た時、ザビエル・シュバルツマン博士は彼が隠されたカメラのショーのために秘密にビデオで覆われているかどうかと思った。

「策略Iが考えたことを彼が私に示した時、それは正気でなかった。正気でないが面白い。」と彼は言った。

しかし、彼は、装置を開発するためにジョージ・オドンと仕事をすることに合意した。

最初のプロトタイプは、2つの大きなバッグがそれへ導入されたグラス子宮(glass uterus)だった。

子宮にずっとバッグを押し込むことが、途中でその裏を穿孔するかもしれないことをザビエル・シュバルツマン博士が説明した時、バッグが単に頭に関して適用されたように、ジョージ・オドンはモデルを適応させた。

2008年までに、プロジェクトはWHO(World Health Organization/世界保健機構)の注意が*来た。

ブエノスアイレスへの訪問においては、改善のため、母・周産期の健康の調整者チーフのマリオ・メリアディi博士(uenos Aires, its chief co-ordinator for improving maternal and perinatal health, Dr Mario Merialdi)が、デモンストレーションを求めた。

2時間まで伸ばされて、最後の10分まで計画された会合。

マリオ・メリアディi博士は、「ほとんど世紀、長年、この分野には革新がなかったので、私は好奇心をそそられただけでなく、懐疑的だった。」と言った。

世界的に、約560万人の赤ちゃんが死産か、あるいはすぐに毎年誕生の後に死ぬ。

約260,000人の母親が同様に死ぬ。
すべての妊産婦死亡の99%が開発途上国で生じる。

母親は死ぬほど出血するか伝染で死ぬかもしれない。
しかし、新生児は窒息する危険な状態で起こる。

母親が生き残るところで、彼女はフィステルのような重大な合併症に苦しむことがある。
そこでは、裂けることは、膣を直腸か膀胱とリンクする。

ザビエル・シュバルツマン博士は、最も重要なことが、ジョージ・オドンの装置が使いやすいということであると言った。
潜在的に医者のいない助産師によってそれを使用することができるかもしれない。

さらに、それは、母親からHIVのような伝染病の赤ちゃんまでの危険を減らす。

また、先進国では、それは、帝王切開出産の急上昇する割合を下げることを支援できた。

「結合したこれらの特徴は、産科学の中でそれを潜在的に革命的な開発にする」とマリオ・メリアディi博士が言った。

次の過程は現実の状況での装置をテストすることだった。

「私がはじめて使用されたのを見た時に、私は、もしそれがうまくいけば口ひげを剃り落とすと約束した。」ジョージ・オドンは言った。

口ひげは剃り落さなければならなかった。

「私は、子どもたちの母親である妻にテストされていないある装置を使用して、非常に快適かどうか分からない。」とジョージ・オドンが言う。

「しかし、持っているすべての女性はこれらの試みを志願した。彼らは科学の進行のためにそれをする。それは本当に美しいものである。」

35歳の歌う教師マリアナ・マチアローラ(Mariana Macchiarola)は装置を開拓することに合意した30人の女性のうちの1人だった。

他の人のように、彼女は以前に出産したことがある。

「私の最初の息子を産むことはよい経験だった、しかしすごく痛い。」彼女は言った。

「私は非常にぎょっとした。また、それらは私に会陰へのカット会陰切開(episiotomy)を与えることにより、私を支援しなければならない。私は少し苦しんだ。それは労働だね。」と言った。

最初の試みで、バッグはへらを使用して、挿入された。
しかし、それは容易ではなかった。

したがって、ジョージ・オドンはその問題に解決するために帰宅した。

5番目の誕生によって、彼は挿入物「我々が非常に容易な方法でバッグを導入することを可能にする、非常に精巧な道具」を発明した、とザビエル・シュバルツマン博士が言った。

マリアナ・マチアローラは、異常に忙しい病院病棟で彼女が出産する前の夜終了された挿入物を得た、最初の患者だった。

ジョージ・オドンは、数人の助産師および産科医と同様にそこにいた。

人々がいた‥‥ビデオで覆われることは、
「それは本当に壮観なものだった」と彼女が言う。

「私は苦痛を少しもなかった。それは非常に迅速だった。また、私は、私の息子の誕生を見るのを楽しむようになった。最初の出産のときは、私は絶望を与えられて、それを見ることができなかった!まわりにこの時、私はそれを楽しむことができた。また、今回は会陰切開を得ることは必要ではなかった。」と言っている。

それは、自動車修理工が開発した革命のコルク栓抜きを出産装置が、成功した瞬間であった。

試みは今、アルゼンチンで100人の健康な女性を継続している。

研究の次の過程は、それがアフリカ、アジアおよびヨーロッパの問題誕生の中でテストされたのを見るだろう。

試みがうまくいく場合、Merialdiは装置が2年か3年の時間での臨床の使用にあるかもしれないと予言ている。

もうすぐ、出産する女性は、ワインのコルク抜きのような出産装置を使うのかもしれない。
ワインのコルクを抜くとき、独特の音がする。
出産では、どんな音がするのだろう。

まさに、「すッぽん」というのかもしれない。

2013-09-28---人口増加はコントロールできない!?未来予測は時間で誤差が拡大する。
2013-08-01---男の赤ちゃんはワシントンDCの地下鉄プラットフォーム上で生まれた。
2013-07-23---イギリス王室赤ちゃんは、誕生の後に祝賀のメッセージ殺到!
2013-07-16---女性の体は、妊娠の後にまだ美しいですか?
2013-06-02---チェコの女性は、チェコで最初の五つ子を出産。
2013-05-10---ナイジェリアのイモ州で、「赤ちゃんの大量生産工場」を摘発!
2013-05-01---米国は経口避妊薬を15歳での使用を承認した。
2013-04-27---女性にとって、出産をより安全で、より簡単に!
2013-01-12---アルメニアへ飛ぶ飛行機の中で、赤ちゃんが生まれた!
2012-12-31---一卵性双生児の女性が、同じ日に赤ちゃんを出産!
2012-11-29---米国出生率でも、最低値!もうすぐ米国は、移民からの子供に占領される。
2012-08-13---パレスチナ女性がイスラエルで服役中の夫の精子で妊娠・出産!
2012-07-11---中国国勢調査に対する疑念!中国の出生率は1.8なのか?1.181なのか?
2012-07-02---中国伝統の「胎盤食」で、闇市場!
2012-06-26---「赤ちゃんボックス」がヨーロッパで戻ってきた。
2012-03-22---出生時体重は、高度に祖母遺伝子にリンクしていた。
2012-01-20---中国の辰年生まれの運勢!
2011-10-10---シカゴ・マラソンを完走した数時間後に、出産した女性!
2011-05-29---ナイジェリアで、赤ちゃんの大量生産工場を摘発!
2010-12-07---妊娠中の携帯使用は、子どもの行動障害リスク高める?!
2010-11-03---10歳の少女が、子供を産んだ!
2010-08-28---どの母親が、帝王切開を必要とするか?
2010-08-12---高いストレスと不妊、妊娠にはヨガなどがよい!?
2010-04-21---早産の赤ちゃんの生存率と障害率。人は妊娠してから、いつ人格を持つか?
2010-01-26---米国でティーンエイジャーの妊娠率が10年間ぶりに、急上昇した!
2009-09-11---世界で子供が毎年260万人死んでいる。
2009-08-06---国の医療問題で、病院の外で出産する女性の写真はポルノ?
2007-01-30---腐っている卵子を分別する新しい技術を開発。
2006-12-29---AP通信が、今度は出産まで著作権を訴えた。
2004-11-06---性と生殖健康用具展示会が広州市で開催された。
1989-12-25---「受精卵凍結法」で、37歳の女性が双子を出産した。
1984-11-08---妊婦のフィシャーが宇宙での出産のため、宇宙船に入った。
1948-05-12---母子手帳を配布した。
1907-03-19---日本で初めて有給出産休暇を決定した。
1583-06-18---イギリスで最古の生命保険が誕生した。
1467-01-23---女奴隷の妊娠および出産保険か結ばれた。
1427-04-10---ジェノバで妊婦保険が契約された。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。