2013年12月03日

旅行先で余った外貨を「Bitcoin」に交換。

モバイル・マネー

AFPは、Relaxnewsからの情報として、旅行業界で仮想通貨「Bitcoin(Bitcoin)」の潜在的な影響が拡大していることを示す新たな事例が登場したと報告した。
トルコの自動販売機型キオスクで、旅行者が余った外国通貨を「Bitcoin」に交換できるようになるという。

要らなくなった外国通貨の硬貨で重くなった財布を憂う代わりに、トルコ・イスタンブール(Istanbul)のアタチュルク国際空港(Ataturk International Airport)を出国する旅行者は、余った現地通貨と紙幣の両方を電子マネーに変換するキオスク「トラベラーズボックス(Travelersbox)」に入金し、「Bitcoin」と交換することができるようになる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

「Bitcoin」は世界初のピアツーピア(P2P)ベースの仮想通貨で、全ての中央銀行や金融機関から独立している。

トラベラーズボックスの使い方はATMと同様で、利用者は現金を機械に入れ、ペイパル(Paypal)、QIWI、または「Bitcoin」を選択、アカウントに登録されているEメールアドレスと電話番号を入力するだけだ。

投入された資金は指定アカウントへ直接、送金される。さらに、加盟店の仮想ギフトカードを購入したり、慈善事業に寄付することも可能である。

立ち上げ直後は、想定以上の需要があり、サービスを一時停止していた。
サービス提供会社は現在、プログラムを再インストール中だと言っている。

格安航空券予約サイトCheapAir.comは先週、「Bitcoin」で航空券が購入できる世界初のオンライン旅行代理店となった。
また、イギリスのヴァージン(Virgin)グループのリチャード・ブランソン(Richard Branson)会長も、「Bitcoin」を使って宇宙旅行の代金を支払えるようになると発表している。

2013-11-29---「Bitcoin」、1か月で約5倍、初のUS$1000を突破。
2013-11-21---世界初、キプロスのニコシア大学、仮想通貨での学費支払いを承認。
2013-11-18---米国上院公聴会で、「Bitcoin」に、否定的な見方をするべきではないと訴えた。
2013-10-30---4年前に買ったBitcoinUS$24(約2400円)が、高騰し、家を購入。
2013-10-30---世界で初めて、仮想通貨「Bitcoin」ATMがカナダで登場。
2013-10-01---FBIは、Bitcoinを使った闇市場「シルクロード」を捕らえて、所有者を逮捕。
2013-08-15---Bitcoinのアンドロイド財布には脆弱であると後援者は言った。
2013-07-09---ケニアの会社Kipochiは、送金のBitcoinとM-Pesaをリンクさせる。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。