2013-11-26

台湾のエーサーは、記録的な赤字の後、創立者が運営で帰ってきた。

Cellular-Newsは、コンピュータとモバイル・デバイス・メーカーである台湾のエーサー(Acer)は、記録的な財務損失を計上した後、創立者が会社に再度合帰ってきたと報告した。

エーサーの創立者スタン・シー(Stan Shih)は即効で、会長で臨時の企業社長として会社に戻っている。

現職の会長& CEO J.T.ワング(J.T. Wang)および企業社長ジム・ウォン(Jim Wong)は両方とも、会社の最近のパフォーマンスに照らして辞職した。

辞職にもかかわらず、J.T.ワングおよびジム・ウォンの両方は滑らかな推移を保証し、経営チームに移り、かつ会社を安定に支援するアドバイザーとして、エーサーとともに残ることを委託¥した。

スタン・シーの約束に加えて、役員会¥は、さらにCEOの職を放棄することを解決した。

元CEO義務は会長か社長に課される。
また、それは、これがその意思決定効率を押し上げると予想されると言った。

スタン・シーは、「今エーサーおよび私の個人の社会的責任に面する状況により、私は立ち、給料のない統治をとらなければなりません。」と言った。

スタン・シーは、「私は、委託した公務および出来事でm約束をすべて尊敬し完成しましょう。しかし、さらに、私は全面的にエーサーのICT装置ビジネスを支援し、会社変形を実行します。」と続けた。

「さらに、私がエーサーのパートナーを共同設立することのうちの1人であるジョージ・ホアン(George Huang)は、私たちの会社をこの時期にリードするために私の経営チームと一緒に行動するでしょう。」と言った。

絶好調であった時期の経営陣に戻った。

2012-09-14---台湾のエーサーは、Googleからの圧力で、スマートフォン着手を取り消した。
2010-11-23---台湾のエイサーが、一気に5種類のタブレットで総攻撃!

Related Dates