2013-11-29

米国のブラックフライデーは、暴力、撃ち合いまで発生〜

モバイル・マネー

BBC NEWSは、アマチュアの映像はノースカロライナ州エルキンのウォルマート(Walmart in Elkin, North Carolina)で、ラックフライデーに戦う群衆に出現し、暴力のいくつかの発生したと報告した。

特売品を漁る人が米国を横切ってモールを包囲したので、暴力のいくつかの発生は米国ブラックフライデーを買う熱狂を損なった。

シカゴの警察は、万引きと呼ばれる人を撃った。
強盗はラスベガスで、買物客をを撃った。
また、カリフォルニアの警官は、米国で、その一年の最も大事な買い物をする日の戦いで負傷した。

感謝祭休日に続く、ブラックフライデーは、米国でその一年の最も大事な買い物をする日になっている。

今年は、感謝祭開始のための傾向の中にさらに初めに起こった。

12の全国チェーンが積極的な割引を広告して、木曜日にそれらのドアを開けた。

ドアが開いくとともに、約15,000人の買物客が、ニューヨークシティーで最も重要なメーシーズ(Macy's in New York City)を襲撃した。

襲われたデパートを指して、ブラジルの観光客ルイ・フィグレイロ(Luis Figueiro)はロイター通信に、
「これは狂気です。」
「非常に多くの人々がここにいます。特価のもののうちのどれも見ることができません。」と伝えた。

シカゴでは、警官が、コールズ・デパート(Kohl's department store)でオフィサー仲間を引きずっていた自動車を運転する疑わしい万引きを撃った。

容疑者と引きずられたオフィサーは肩損傷のために病院で治療された。

3人が逮捕された、とシカゴ・トリビューン(Chicago Tribune)は報告した。

彼から銃口をつきつけられて、ちょうど奪った強盗からアイテムを後ろに奪い取ろうとしたとともに、感謝祭上のターゲットの店から大画面テレビ・ホームを運んでいたラスベガスの買物客は、脚を撃たれた、とラスベガス・サン(Las Vegas Sun)は報告した。

南カリフォルニア・ウォルマート店(southern California Walmart store)では、外部の2人の間のけんかをやめさせようとしたとき、警官の手首は壊れていた。
もう2つの戦いが内側で品物上ににあった、とSan Bernadino Sunが報告した。

申し立てによると、23歳の男性は唐辛子スプレーで水に突っ込まれたと言い、彼がニュージャージー州ガーフィールドのウォルマート(Walmart in Garfield, New Jersey)でテレビについての議論に応答する警官を攻撃した後、逮捕された、とスターレッジャー(Star-Ledger)が報告した。

何人かの小売りアナリストは、ブラック感謝祭(Black Thanksgiving)を呼ぶかグレー木曜日(Grey Thursday)の休日にたいおうをを始めたと言った。

労働者はよりよい支払いおよび条件を要求して、カリフォルニア州オンタリオ(Ontario, California,)と、イリノイ州エルギン(Elgin, Illinois)の都市では、ウォルマート店の外で金曜日にデモンストレーションを行った。

オンライン・ショッピングの増加した人気は別の要因でありえたが、木曜開始がブラックフライデー自体の消費者の足音の中で緩和ヘ離れて導いた事例の証拠があった。

金曜の朝遅くまでに、多くの店の買物客の数は、ホリデー・シーズンへの通常の熱狂的なスタートより、正常な土曜日の中でより典型的であったた。

ダウンタウンのマンハッタンは例えば、使用中で、しかし飽和水準でではない。

感謝祭の米国祝賀は11月の4番目の木曜日は、常にマークされる。

後日、それが、小売り業者が利益を得始めたか、赤字から、黒へ出た年の時間だったので、ブラックフライデーとして知られている。

全国小売連盟によれば、約9700万人のアメリカ人がブラックフライデーに店に出かけた。

昨年、その日に、アメリカ人はUS$112億を費やしたと言った。

今年は、景気回復傾向で、さらに多いことだろう。

2012-11-22---米国の感謝祭パレード。
2012-11-08---ウォルマートは、ホリデー・シーズンのスタート用バーを上げた。
2011-11-30---2011年サイバー・マンデーの結果は、米国で歴史を作った!
2011-11-28---米国感謝祭で、週末の小売が16%アップ!
2006-11-11---25-34歳の熟成する女性は「魔の金曜日」に行動を起こした!