2013-11-29

世界第1次大戦の「sacred soil(神聖な土)」がロンドンに着いた。

BBC Newsは、70 World War One Belgianの戦いの戦場から「sacred soil(神聖な土)」が、記念ガーデンに収容するため、ロンドンに着いたと報告した。

「sacred soil(神聖な土)」はベルギーの海軍フリゲート艦ルィーザ・マリー(Belgian Navy frigate Louisa Marie)で輸送された。
それはテムズ川(the River Thames)を上へ航海し、金曜日にHMSベルファスト(HMS Belfast)を並んでドックに入った。

その到着は土曜日にロンドンの式で特徴づけられる。

1,000人を超えるイギリス・ベルギーの生徒が戦場からこの夏土の70のバッグを集めることに関係していた。

ベルギーで最も有名な戦場のうちのいくつかから土が発掘されることを国家戦没者の墓委員会が認めた初めてのことです。

近衛隊博物館は£700,000プロジェクト(英国へもたらすべき£2,000を要する土の各バッグを備えた)を「先例がなく」、「歴史的である」と評しました。

それは、義援金とスポンサー企業からの支援を備えたプロジェクトに資金提供しました。
フランドルの政府からの寄付を含んだ。

ベルギーで最も有名な戦場のうちのいくつかから土が発掘されることを国家戦没者の墓委員会が認めた初めてのことであった。

近衛隊博物館(Guards Museum)は、イギリスへもたらすべき£2,000を要する土の各バッグを備えた£700,000プロジェクト(£700,000 project)を「先例がなく」、「歴史的である」と評した。

それは、義援金とスポンサー企業からの支援を備えたプロジェクトで資金提供した。
そこには、フランドル政府(Government of Flanders)からの寄付も含まれた。

土を返すプロセスは、エジンバラ公(Duke of Edinburgh)が参加して、Meninゲートの式から休戦記念日に始まった。

イギリスへ旅に出るために、砂袋は、王の軍隊イギリス騎馬砲兵隊のWW1時代砲架に載せられた。

土曜日の式では、土はルィーザ・マリー(Louisa Marie)から南岸にベルギーの水夫および英国の海陸軍士官学校生によってHMSベルファスト(HMS Belfast)を横切って移動されるでしょう。

その後、砂袋は、ロンドンを通る儀式の行列の前にキングの軍隊英国騎馬砲兵隊(King's Troop Royal Horse Artillery(によってそれらの最終休息所に引き付けられた砲架上へロードされる。

砲架は、場救助員からの近衛騎兵隊(Household Cavalry from the Life Guards)とブルーズ(Blues)、王族の馬に乗ったメンバーによって護衛され、ロンドン警視庁(Metropolitan Police)からオフィサーをマウントした。

それは、バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)と近くのウェリントン・バラック(Wellington Barracks)へのその方法を作る前にタワーブリッジ(Tower Bridge)を横断する。

それは近衛隊礼拝堂(Guards' Chapel)で式で神聖で、「フランドルのフィールズの中(In Flanders' Fields)」で庭(それはそれでジョン・マックレー(John McCrae)の有名な詩の言葉に記入した地面に入れられる。

庭は来年、一般にオープンされる。

近衛隊博物館学芸員アンドリュー・ウォリス(Guards Museum curator Andrew Wallis)は、「イギリスとベルギーの間の契約の明確なデモンストレーション」として庭が立つだろうと言った。

このようなとき、必ずテムズ川のほとりの高台にあるレストランは、一杯になる。

不思議な世界である。
しかし、これこそがイギリスが、イギリスである由縁である。
これが理解できないと、イギリスとはなどと言った能書きは言えない。
英語も話せないし、教えることもできない。

つまり、イギリスの血である。

ヤンキーには判らない!

近衛隊礼拝堂(Guards' Chapel)のGoogle Earthポインター情報
51°30'1.40"N,0° 8'7.53"W
または、
51.500389, -0.135425