2013-11-29

ブラックホールには単純な食性がある。

NASAは、渦状銀河の中心にある「M81(Messier 81)」は、私たちの太陽より約7000万倍の超大質量ブラックホールであると報告した。

詳細な理論モデルと結合した、チャンドラと地上望遠鏡からのデータを使用する研究は、太陽の多くのその約10倍だけと共に、ちょうど恒星質量ブラックホールのように「M81」の中の超大質量ブラックホールが物を食べることを示した。

この発見は、すべてのサイズのブラックホールが同様の特性を持っていると述べるアインシュタインの相対性理論(Einstein's relativity theory)を立証した。

Image Credit: X-ray: NASA/CXC/Wisconsin/D.Pooley & CfA/A.Zezas; Optical: NASA/ESA/CfA/A.Zezas; UV: NASA/JPL-Caltech/CfA/J.Huchra et al.; IR: NASA/JPL-Caltech/CfA

「M81」までの距離は、1200万光年で、 ドイツの天文学者ヨハン・エレルト・ボーデ(Johann Elert Bode/1747 - 1826)が、1774年12月31日に「M82」と同時に発見し、「M81」を「ボーデの銀河(NGC 3031または、Bode's Galaxy)」という。

Right Ascension---09 : 55.6 (h:m)
Declination---+69 : 04 (deg:m)
Distance---12000 (kly)
Visual Brightness---6.9 (mag)
Apparent Dimension---21x10 (arc min)