2013-11-29

エロップは、確実な次期マイクロソフトCEO候補ではない。

Mobile World Liveは、ブルームバーグ(Bloomberg)からの情報として、マイクロソフトのCEOとして、スティーブ・ボルマーを継ぐために最も有望な候補として、元ノキアCEOスティーヴン・エロップ(Nokia CEO Stephen Elop)とともに、フォード(Ford)のCEOアラン・ムラリー(Alan Mulally)とそれ自身のサティア・ナデラ(Satya Nadella)にジョブが提示されるだろうと報告した。

その役割とともに、他の人とともに考慮されて、状況が変わることができたと言って、エロップか元Skype CEOトニー・ベイツ(Tony Bates)は、候補として完全に削除されなかった。

スティーヴン・エロップは、ノキアのデバイス&サービスの代表取締役VPになり、フィンランドの会社のデバイス&サービス業を得ることにそのためにマイクロソフトが合意した9月の発表に続き、€54億を得た。

アラン・ムラリーは、2009年に米国政府資金援助からフォードを救って、多くのマイクロソフトの投資者によって恵まれた黒字転換経営再建のプロであると考えられている。

ただし、本当にフォードは経営が成功しているのか?

スティーブ・ボルマーがサーフェース・タブレット(Surface tablet)とXboxゲーミング・コンソールのようなデバイスに注目したので、その会社はモバイルのスペースでアップルとGoogleに後退しており、インターネット上のソフトウェアを提示している。

2012年10月にウィンドウズ・フォン8(Windows Phone 8)を始めて、ノキアとの戦略的パートナーシップを入力し、発射時限でサムソンと、HTCとの合意に達し、Windows Phone 8のデバイスで、アンドロイドとiOSに挑戦するために3番めのモバイルのOS生態系を持っている。ただし、実行可能性は、まだ証明されていない。

フォードの代表は、自動車メーカーの状況が変わっていないとブルームバーグに伝えた。
また、アラン・ムラリーは「私たちの1つのフォードの計画の実行に完全に集中し続けます。」と言った。

マイクロソフトのクラウドと企業部門のトップとして、彼をCEOまでのステップに適しているようにするサティア・ナデラは上級管理の種類を経験させる。

しかし、2010年にノキアで舵をとる前に社業部門の社長であったスティーヴン・エロップには、マイクロソフトとの強いつながりがる。

取り引きが通り抜けて行く場合、彼がノキアで獲得したモバイル関連の経験は、マイクロソフトのモバイルの戦略を押し上げるかもしれない。
その一方で両社との彼の親交は、マイクロソフトの中へ、ノキアのデバイス&サービス・ユニットの統合を支援しているかもしれない。

スティーブ・ボルマーは、次の12か月にマイクロソフトのCEOを辞職するだろうと8月に言った。

彼は2000年にCEOとしてビル・ゲイツ(Bill Gates)を継いだ。

議長および共同創立者であるビル・ゲイツによれば、マイクロソフト役員会は2013年11月18日にボルマーの代理の捜索に関して会った。

最後の週に、株主と話すことで会ったゲイツは、また他の管理者は多くの候補に会ったと言った。彼は、CEOの立場は「“a complex role to fill(満たすべき複雑な役割)」と言っている。

役員会は、1つの「複合体の管理における広範囲な実績、グローバルな組織、の内に、1つのペースの速い、また高度に競争市場セクター;トップ&ボトム・ライン結果を伝える実績。(extensive track record in managing complex, global organisations within a fast-paced and highly competitive market sector; track record of delivering top and bottom line results)」を含んで、次のCEOのために必要条件を概説するドキュメントを準備した。
出所で見られたドキュメントは、候補が「数US$10億ドルの組織と巨大な従業員ベースをリードすると、証明された能力(proven ability to lead a multi-billion dollar organisation and large employee base)」をさらに持っているべきであると言った。

ただし、これからのCEOは、経営能力より、アート感覚になっている。
経営能力や、学歴にこだわって、多くの企業が失敗している。

役員会は今年の年末までに会社の次のCEOに関して決定する予定だが、情報筋は2014年の初めに発表を押すことができるかもしれないと言った。

2013-09-19---ノキアのスティーヴン・エロップは、今回の大作戦でUS$2550万を受け取る。
2013-09-03---マイクロソフトはノキアのデバイス&サービス事業を買収。
2013-08-28---次期マイクロソフトのCEOオッズで、ティム・クックは100:1。
2013-08-23---マイクロソフトのCEOスティーブ・バルマーは12か月以内に辞任。
2013-07-18---ノキアの販売が第2四半期に落ちた後、株価が暴落。
2013-07-11---マイクロソフトは再編成を発表。
2013-07-02---スティーブ・ボルマーは、気が狂った!?
2013-06-20---マイクロソフトとノキアの合併交渉は、決裂。
2013-03-08---ノキアは、マイクロソフトへEUR5億支払いの準備ができていた。
2013-01-25---サムソン、アップル、ノキアのドッグ・ファイト!
2013-01-24---ノキアは利益を上げ始めたが、配当支払いを落とした。
2012-10-18---ノキアの株価は、損益にもかかわらず上昇。
2012-10-09---ノキアがフィンランド本社ビル売却を検討開始。
2012-09-25---ノキア、中国に続いて、韓国でも人員削減加速。
2012-07-25---ノキア、段階的中国事業撤退を継続!
2012-07-22---ノキアLumiaは発売後、第1四半期にアップルとサムソンを追い抜いていた!?
2012-07-19---マイクロソフト、初の赤字計上!期待感で株価は上がっている。
2012-07-17---ノキア 中国での人員削減計画発表!
2012-07-15---「ウルトラ・スマート」と「十分スマート」は、フォン価格を押し下げる。
2012-06-19---マイクロソフトが、次世代Windows 8対応タブレットを公開。
2012-06-14---ノキアの損失が拡大し続け、さらに10,000人削減。
2012-02-08---ノキア、スマートフォン工場で4,000の人員削減。
2012-01-26---ノキアは損傷チャージ上で四半期赤字を計上。
2012-01-25---ノキアは、ルーマニアの工場をDe' Longhiに売却!
2012-01-05---シンビアン開発、150人を削減!
2011-12-08---ノキアの高級ブランド携帯電話部門の売却を計画中!
2011-10-26---ノキアは、Windows Phoneに未来を賭けた!
2011-10-20---ノキアはスマートフォン販売の低迷で、純損失を記録。
2011-09-29---ノキアはさらに3,500の仕事をカットし、工場を閉鎖する。
2011-08-03---S&Pは、ノキアの格付けを「BBB+」から「BBB」に下げた。
2011-04-12---ノキアは、40% 近くの人員削減が可能になった!
2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!
2010-10-21---ノキアの新任CEOが動きだし、最初が1,800人の人員カットであった。
2010-09-10---ノキア社はCEOに、Microsoftのスティーブン・エロプを任命!