2013-11-29

彗星Isonに関する「非常に多くの疑問」

BBC Newsは、天文学者は、彗星Isonのある部分が日曜の接遭遇から残存したかもしれないと言ったと報告した。

一時、氷とほこりの巨大なボールは太陽の熱および引力によって破壊されたと考えられた。

しかし、米国の海軍の天文物理学者(US naval astrophysists)は、彗星が見えなくなった2時間後何かが再出現したと言った。

ワシントンDCの米国米国海軍研究試験所の天文物理学者カール・バッタマン(Karl Battams is an astrophysicist at the US Naval Research Laboratory in Washington DC)は、で、アリゾナのキットピーク観測所の太陽望遠鏡調整室(solar telescope control room at Kitt Peak Observatory in Arizona)からの彗星を追跡していた。

確かにビデオを見る限り、何かが通過している。

2013-11-27---太陽への彗星ISON(アイソン)。

Related Dates