2013-11-29

異なる国々のオタクが、アフリカ南部で新ビジネスを求めてバスで襲った!

日本で大学教授が、教育者という詐欺師、偽善者として、若者に創業を勧めるが、言葉だけでリアリティが滑落している。

古くさい爺が自身で行わないで、その夢を若者にぶつけて、何が解決するか〜

BBC Newsは、アフリカ南部を横切って4日間ブレーンストーミングをするマラソンを引き受けて、異なる国々のuber-geeksをすし詰めにして、今現実に走り出したと報告した。

2010年にイライアス・ビザネス(Elias Bizannes)によって設立された「StartupBus」は、技術によって世界中で問題の解決に専念する起業家による任意に実行された計画である。

「StartupBus」は2010年以来、ヨーロッパと米国の至る所でいくつかの旅行を終えた。
また、今、初めて、それはジンバブエから南アフリカへ1,500マイルを完成して、アフリカの土に触れた。

「アフリカの潜在成長力が巨大で、私たちが巨大な興味を持ったので、私はStartupBusアフリカに非常に興奮します」とStartupBusの共同コンダクタであるファービアン-カルロス・グール(Fabian-Carlos Guhl)が言った。

それに200人以上が当てはまり、また、それらから、最も証明された実績を備えたものとして、30人の起業家だけが10人のメンターと共に選ばれた。

StartupBusが、技術革命の真中にある大陸アフリカで、実際に繁栄する場合があるように、主催者はイニシアチブを信じる。

基本的ニーズを満たすためのほとんどのビジネスチャンスは、ヨーロッパで使い尽くされているが、アフリカは、ヘルスケア、教育および電気へのアクセスのようなすべての種類の問題の解決策をまだ渇望している。

また、StartupBus共同コンダクタであるクリス・プルイジセン(StartupBus co-conductor Chris Pruijsen)によれば、モバイルの技術はほとんどの答えが位置する場所であるといっている。

これまではコンピュータという巨大なハードルがあった。
それを携帯電話が簡単に、ひょい飛び越えてしまった。

「我々は、ヨーロッパでできる)より、モバイルの技術を非常にもっとここで必要とする。ヨーロッパで人々は、同じ方法で彼らの携帯電話をまったく使用しない。」

彼は、しかし、それに関して「我々がともに行う革新は、西洋、アフリカ、およびアフリカの大陸のためのアフリカ人と人々。」それがアフリカの問題を解決するために来る。西洋に関係していないと付け加える。

ケープタウンで終了する前に、StartupBusアフリカ2013(StartupBus Africa 2013)はハラレ(Harare)を出発して、ヨハネスブルグ(Johannesburg)とブルームフォンテーン(Bloemfontein)に立ち寄った。

これらの都市で各々は、地方産業エキスパートは、経験にローカルの風味を加えるために考えたアイディアを交換することができた場合に、テクノロジー・ハブを作成して、活動に参加することを依頼された。

ある日は、競争者(competitors)あるいは「buspreneurs」がそれらの個々の経験および専門知識を知らせることにより、グループの残りにそれら自身を投げなければならなかった。

バスはデザイナー、開発者およびビジネス・エキスパートで構成された。

一旦技術オーバーラップを混ぜて見つけたなら、それらは4人あるいは5人のメンバーのチームを組織した。

バスの中で4日以上、チームはそれぞれ技術の使用により既存のローカルの問題を識別し解決しなければならなかった。それらが1都市から旅行するとともに、次にコード化し協働する。

「我々は、試験可能で、実際に市場性のある製品。そして潜在的に‥‥即座の投資者さえ、終わりで明確なデモを必要とする。」と共同コンダクタのクリス・プルイジセは言った。

今年の競争者ベネディクト・ワーラー(Benedikt Wahler)と彼のチームのうちの1人は、「Greenback」と呼ばれるAppを作成した。

呼ばれた別の新規企業は贈賄した‥‥職員によって裂けられている人々を回避するためにあるエリア内の賄賂に払われる、容認された量を正確に示し集めるアプリを作成した。

遠征の終わりに、チームはそれぞれ、審査官と投資者へのそれらの操業開始考えを投げなければならなかった。
しかし、賞はなかった。
また、それらの操業開始が資金提供して獲得するどんな保証または投資者の興味もない。

したがって、実際に作成されているアプリケーションは永続する違いを生ずるだろうか?

クリス・プルイジセンは、StartupBusに関する重要なものが作成されているアプリケーションの長寿ではないが、「誰でも本当によい製品を作るためにその中にいること、そして構築した経験のために要求する‥‥。」

ファービアン-カルロス・グールは、実際の違いが、一旦それらがバスから降りれば、起業家がコミュニティーに引き取るものであると付け加える。

「それらは15か国以上で地域コミュニティーへ戻る。また、それらは、人々の生命を改善し、かつ自動両替機になるためにバスで学習したものを戻す。」

現代版技術ヒッピー・バスである。

あらゆるところで、経験し、それを現実化して進む。

ハラレ(Harare)のGoogle Earthポインター情報
17°49'45.24"S,31° 3'14.24"E
または、
-17.829233, 31.053956