on-the-time.jp

2013年11月29日

NTTドコモは、日本でiPhone市場占有率を2倍にした。

Mobile World Liveは、ブルームバーグ(Bloomberg)がKantar Worldpanel ComTechのレポートを紹介し、日本で10月に売られたスマートフォン4個のうち、3個はiPhoneだったと報告した。

日本人は、ソニーもサムソンも買わなかった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それは、6000万人以上の加入者を持つ日本で最大の携帯電話会社NTTドコモが、新しいiPhone5Sおよび5cのモデルを売り始めた最初1カ月であった。

NTTドコモのスマートフォン販売で、アップルのシェアが61%だったと、Kantar Worldpanel ComTechが報告している。

SoftBankが、アップルの支配を強調し、数年間日本で製品を売っている。

iPhoneをトップ販売で、NTTドコモとKDDIが競争している。

キューパーティーノ大手アップルは、NTTドコモとiPhone販売取り引きを安全にする前に、日本ですべてのスマートフォン販売の市場占有率で40%を持っていた。

それまでは、サムソンがほぼ3倍売ってきた。

しかし、10月の市場占有率76%は明白にmさらに印象的であった。

20〜30%のキャップを好む、50%のキャリアーの完全な送受話器販売と、NTTドコモで見たところでは、それ以上にiPhoneが化粧することをアップルが要求したという推測と共に、iPhone取り引きを結ぶ際に、アップルとNTTドコモの間にいくつかの障害があった。

東京のマッコーリー・キャピタル証券のアジア・テレコミュニケーション研究のヘッドであるネーサン・ラムラー(Nathan Ramler, head of Asia telecommunications research at Macquarie Capital Securities in Tokyo)は9月に、「彼らが新しい単位で届くようにすることができたことは、大きなキャリヤーで、そして、どこかにでもあるので、、アップルが明らかにNTTドコモで、より柔軟であった候補者であった。」に言った。

ただし、ユーザーは、iPhone5Sの購入で、LTE対応で利用料金が沸騰した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。