2013-11-29

NTTドコモは、日本でiPhone市場占有率を2倍にした。

Mobile World Liveは、ブルームバーグ(Bloomberg)がKantar Worldpanel ComTechのレポートを紹介し、日本で10月に売られたスマートフォン4個のうち、3個はiPhoneだったと報告した。

日本人は、ソニーもサムソンも買わなかった。

それは、6000万人以上の加入者を持つ日本で最大の携帯電話会社NTTドコモが、新しいiPhone5Sおよび5cのモデルを売り始めた最初1カ月であった。

NTTドコモのスマートフォン販売で、アップルのシェアが61%だったと、Kantar Worldpanel ComTechが報告している。

SoftBankが、アップルの支配を強調し、数年間日本で製品を売っている。

iPhoneをトップ販売で、NTTドコモとKDDIが競争している。

キューパーティーノ大手アップルは、NTTドコモとiPhone販売取り引きを安全にする前に、日本ですべてのスマートフォン販売の市場占有率で40%を持っていた。

それまでは、サムソンがほぼ3倍売ってきた。

しかし、10月の市場占有率76%は明白にmさらに印象的であった。

20〜30%のキャップを好む、50%のキャリアーの完全な送受話器販売と、NTTドコモで見たところでは、それ以上にiPhoneが化粧することをアップルが要求したという推測と共に、iPhone取り引きを結ぶ際に、アップルとNTTドコモの間にいくつかの障害があった。

東京のマッコーリー・キャピタル証券のアジア・テレコミュニケーション研究のヘッドであるネーサン・ラムラー(Nathan Ramler, head of Asia telecommunications research at Macquarie Capital Securities in Tokyo)は9月に、「彼らが新しい単位で届くようにすることができたことは、大きなキャリヤーで、そして、どこかにでもあるので、、アップルが明らかにNTTドコモで、より柔軟であった候補者であった。」に言った。

ただし、ユーザーは、iPhone5Sの購入で、LTE対応で利用料金が沸騰した。