2013-11-29

清水建設は、月に巨大なソーラーパネル・ベルトを提案。

International Business Timesは、日本の清水建設はエネルギー問題を解決するために、月の赤道のまわりにソーラーパネルの巨大なベルトをセット・アップする提案「月太陽発電(LUNA RING)」を「シミズ・ドリーム」で発表したと報告した。

清水建設は、そのようなベンチャーのコストに関する詳細を提供しなかったが、それが適切な資金調達を受け取る場合、早くも2035年にベルトの研究を始めることができるかもしれないと付け加えて、その「月の太陽熱発電概念(lunar solar power generation concept)」が「事実上無尽蔵の無公害性であるエネルギー源への道。(the way for a “virtually inexhaustible, nonpolluting” source of energy)」を開くだろうと言った。

月の赤道が安定した量の太陽エネルギーを受け取るので、清水建設は日光が、月の赤道で建造される発電施設で太陽電池を使用して、電気に変換することができることを提案した。

その後、会社のWebサイトで公開したプロジェクトに関して利用可能な詳細によれば、それらが地球への送信のためのマイクロ波およびレーザー出力に変換される前に、電気は地球に面する月の側にケーブルを通して送信することができる。

「月の赤道のまわりの太陽電池のベルトによって生成された電力は、月の手前側からの地球、あるいは地球に常に面する側へ送信され発せられる。」と清水がそのWebサイト上で言った。

清水は、ソーラーパワー技術によって地球で経験された悪天候により、400km(248マイル)の巨大規模ソーラーパワー・ベルトと同じくらい広くすることが可能で、非能率を除去するだろうと言い、クリーン・エネルギーの連続スペクトル光源として役立つと言っている。

日本は、2011年3月に壊滅的な地震および津波に続いて、福島第一発電所で炉心溶解を引き起こし、50の原子炉をシャット・ダウンすることを強いられました。それは、1986年のチェルノブイリ以来の最悪の核災害になった。

原子炉は、福島災害に先立って、日本の電気ニーズの30%の源で、それらは2017年までに少なくとも40%まで上昇するように用意を整えていた。

国の核エネルギー設備の再開に関与する危険の反対で、注意が、大衆にますます成長するので、原子力発電所に交換するために代替エネルギー源に変わるように、清水の提案は興味を引き寄せた。

清水は、地球から取られた水素を使用して、月面から水を抽出することができると言って、太陽のベルトを構築する際にさらにできるだけ月の資源を開発するつもりであった。

地球から遠隔操作されるロボットは、ベルトを構築する際に重要な役割を果たすだろう、と清水建設が言った。