AD SPACE

2013-11-28

日本の軍用機は中国の新しい防空識別圏を無視。

中国の国営テレビ局中国中央電視台(CCTV)は、日本の軍用機は、中国が東シナ海(East China Sea)空域に設定したADIZ(Air Defence Identification Zone/防空識別圏)内を無視し、中国に通知しないで、突入してきたと報告した。

日本人内閣官房長官菅義偉(Japanese Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga)は、木曜日にゾーンに飛び込んだ飛行機は定常偵察活動を行なっていたと言った。

中国に飛行プランを前もって提出しないで、2機の米国B52爆撃機がゾーンに入った一日後、それは来た。

米国は、さらにそれが計画された練習を単に行なっていたと言った。

[AD] You can advertise on this site.

BBC Newsは2013年11月28日に、日本と韓国の両国が、中国の新しく設定した防空識別圏を通って未発表の飛行機を飛ばした、と両方の国家の職員が言ったと報告した。

さらに韓国はの防御省がフライトを行なった、と言った。

中国は、東京、ソウルおよび台北によって要求されたエリアをカバーするそのゾーンを通過する飛行機が計画を提出するに違いないと言った。

ゾーンは、ジャパン、中国および台湾によって要求されている日本が所有している尖閣列島および中国の魚釣台という島を含んでいる。
それは、日本と中国の間の苦しく長期間にわたる論争の焦点だった。

さらに、中国が一方的に主張するADIZには、韓国の領域の一部を形成すると言う水中の岩をカバーしている。

中国の行動は、日本と米国によって非難されている。

日本人政府関係者は、フライトがいつ起こるか明示しなかったが、監視活動を確認した。

韓国の外務大臣Yun Byung-seは、韓国軍が、それらの飛行機のうちの1機で火曜日に、そのゾーンに入ったと言った。
また、ADIZ問題が「既に巧妙な地方状況」を扱うのをさらに困難にしたと水曜日に言った。

「我々は、より猛烈になる地域のプレーヤーの競争および矛盾を目撃した。」と彼が聯合ニュースに伝えた。

木曜韓国と中国で、そのゾーン上で会談を行ったが、どんな合意にも達しなかった。

中国は、2013年11月28日木曜日に、それが「完全に正当である。」と国防省スポークスマンが国営メディアに伝えてADIZの設立を防御した。

来週予定された訪問で、ジョー・バイデン米国副大統領(US Vice-President Joe Biden)が中国にアメリカの関心事を表明すると予想される。

ジョー・バイデン米国副大統領は我々の関係を直接伝えるだろう。そして...この時期に移動する際に中国の意図に関する明瞭さを求める。」と、上級の米国公式管理は言った。

ジョー・バイデン米国副大統領は、さらにアジアへの旅行中に日本と韓国を訪問する。

その間に、フィリピンの外務大臣アルバート・デル・ロサリオ(Philippine Foreign Secretary Albert del Rosario)は、中国の東シナ海の防空識別圏の動きが南シナ海で領土紛争について影響を及ぼすかもしれないと言った。

彼のコメントは、中国の航空母艦リヤオニン(China's aircraft carrier, the Liaoning)、および訓練任務と評されたもののための南シナ海に向かっていたその軍艦エスコートとして来た。

「中国がコントロールするこの脅威があります、領空「南シナ海で。」Delロサリオ氏は地元マスコミを伝えました。

アルバート・デル・ロサリオは、「それは全防空識別圏を中国の国内の領空に転換します。また、それは侵犯で、民間航空の安全性を危険にさらします。」「さらに、影響を受けた状態の国家安全保障を危険にさらす。」と付け加えて言った。

南シナ海の中国と、フィリピンに加えて、ベトナム、マレーシア、ブルネイおよび台湾は、さらにオーバーラップするクレームを持っている。

しかし、これは日本が友達の輪を広げるきっかけにもなる。

2013-11-27---防空識別圏を飛行の米軍機を中国が「監視していた。」
2013-11-25---中国、「防空識別圏」への日本反応で、駐中国大使を呼び抗議。
2013-11-25---中国の防空識別圏、米国も容認しない。
2013-11-23---中国は一方的に、尖閣含む東シナ海上空に防空識別圏を設定。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE