2013-11-26

ビートルズ、ボブ、ミックが参加したポップカルチャーの青年革命以来の50年。

CNNは、イギリスの新聞サンデー・タイムズ・マガジンの元編集長ロビン・モーガン(Robin Morgan, former editor in chief of the UK's Sunday Times Magazine)は、新刊書「1963:革命の年。(1963: The Year of the Revolution)」を発行したと報告した。

50年前に、世界が変わった!

そして今、また新しい世界へと変わっている。

その50年、現代美術、ファッション、音楽は、歴史の他の期間よりそれらの12か月のおかげであるということを述べている。

50年に、ジョン・F.ケネディ大統領(President John F. Kennedy)の暗殺は世界を麻痺させた。

しかし、歴史の一面が印刷されているとともに、、スリップ、によって、事実上気付かれない1本のスクープがあった。
西部半球は若者の反乱を目撃していた。

以前に、ロンドンのヒースロー空港で、何千もの鋭い音を立てる少女がスウェーデンの短いツアーから若いボーイ・バンドが帰国挨拶した時、「ビートルマニア(Beatlemania)」は生まれた。

空港を通り抜けるのは、ショーの上で、それらを持つことをヒステリーのへつらいで、4人のモップを頂を持つ少年まで提示されたのを見ることについて、決定した頑健なアメリカのテレビ・ホスト、エド・サリヴァン(Ed Sullivan)であった。

誰かがその時にそれに気づいていたとしても、青年革命(youth revolution)は進行中であった。

それに、1963中のはずみがついていた。
ギターを備えた人を巧みに誘い込む者は、若い人々をそれらの親の率いる生活を拒絶し、かつ自分の音楽、ファッションおよび文化を作成するためにその今を楽しむように促した。

ビートルズは、1964の初めのエド・サリバン・ショー(Ed Sullivan Show)で、人口の約3分の1である7300万人のアメリカ人の前に、1963年の最初の相対的な不明瞭から上演することまで行った。

学校を出たばかりのポップスグループは、バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)のようなホワイトハウス(White House)に急に招待されていた。

リンドンB.ジョンソン大統領(President Lyndon B. Johnson)は、エアフォース・ワンのステップ(Air Force One)で、1本のバンドで後ろ手に縛ってデイヴ・クラーク・ファイヴ(The Dave Clark Five)を歩かせた。したがって、彼はそれらのサインを得ることができました。

許容された生成は口説かれる生成になった。

それらのステージが建造された。
1963は初日の夜でした--それで根本的、過去とのそのような決別、それらの新しいパスだった。それらは、それらを待っていたものの感覚はない。

1963年にロンドンで大改革を時系的に記録した有名なイギリスの写真家テリー・オニール(Terry O'Neill, the celebrated British photographer who chronicled the sweeping changes in London in 1963)は、
「私たちはクラブに座るでしょう。私、ストーン、ビートルズ、モデル--。また、私たちは、それが単にどのように2、3年続くだろうかに関して話、そして次に私たちは、私たちの両親のような仕事を得なければならないと思った」ことを思い出した。

「Ringoは美容師になるでしょう。ミック・ジャガーは、彼が銀行で働かなければならないだろうと考えました。モデルは、夫を見つけるか、秘書の適切な職を得た前に、それらがくつろぐだろうとちょうど考えました。」

「しかし、急に、その1年で、私たちは、私たちが送っていた生活が単に通過儀礼ではないことを理解しました。私たちはそうであると望んだものすべてでありえます。誰も私たちを止めるつもりでありませんでした。私たちの誰も訓練されませんでした。エリック、キース、ポールおよびジョン、それらのどれも、音楽のノートを読むことができませんでした。私はカメラを拾い上げました。私は、何を行っているか分かりませんでした。しかし、誰も私たちにを、私たちができないを伝えませんでした。

それが1963に関して本当に特別だったことであるとオニールは言った。

「私たちは、私たちがそうだったと言うために望んだもののすべてでありえます。」
厳しい日の夜
昨年、彼の死の数週間前に彼の最後のインタビューで話をして、伝説の美容師ヴィダルサスーンは、コンテキストへ時代を定義する若い不敬および創造性の感覚を置いた。

「戦争の後、イギリスは無一文でした。私たちは無一文でした。[したがって、これは意味した]子供は再建と不従順の異常なムードの中で育てられました。」と彼は言った。

ロンドンのイーストエンドの労働者階級の少年サスーン(Sassoon)は、美容師であるという彼の野心を集中させており、ロンドンの巨大で素晴らしいメーフェアへ上級市場(upmarket into London's mega-posh Mayfair)へ移動した。

彼のサロンは貴族および裕福で強力な人の妻に役立ち、時代精神のサスーンは設立協定に抵抗し、若い独立の硬直して幾何学的なステートメントを作成した。
奴隷となるくさび、おもりは切断した。

マンハッタンのレコーディング・スタジオでは、ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズ(Rolling Stones guitarist Keith Richards)が、1963年の若さが世界を変えたと言う「ギターで、はさみで、画筆、カメラ、そして型破りに、切る、しばしば‥‥naïveアイディアで、時間は私の側にあった。

「何年も、我々は伝えられた。」
「あなたを分類するだろう軍隊に入るだろう。」
「その後、急に、我々は軍隊に入る必要はなかった。」とリチャーズが言う。

戦後のドラフトはイギリスで終了しており、アメリカで縮小されていた。

3年間の兵役を行うことを期待することで若い人々は成長しており、次に、どこからともなく、「我々が当時を返してもらった」、とリチャーズが言った。

そのすべての新しく発見された自由時間は、時々ショッキングだった表現の爆発に結びついた。

その年、若いアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)はニューヨークの東の上の家で、火のように移動した-‥‥美術界の境界を伸ばし、87番目の街とm若いデヴィッド・ホックニー(David Hockney)は、彼自身のパレットを発明した。

リーバイス(Levi's)と呼ばれる衣料品会社が傾向を認識しており、その防縮加工が施されたジーンズを始めた。
ティモシー・リアリー(Timothy Learyはハーバードによって解雇され、彼のMillbrook実験を始めた。
モンテレーとニューポートのフォーク・フェスティバル(Monterey and Newport folk festivals)は、若さの多量祝賀用として、新しいテンプレートを作成した。

また、それは、単に繁栄、および新しい音楽を調査し、かつダンスをし、かつ次のものの中で行進する新しい方法を着用する自由ではなかった。
経口避妊薬は、望まれないことの恐れからそれらを解放しており、妊娠を青春期削減して、若い女性に広く利用可能になった。

その1年で、無名の人たちは、半世紀に及ぶ自分の名前を作った。
また、来るために芸術と文化へのその貢献が世紀にまたがり続ける。

それはジャガー、ディランおよびビートルズによった。
クワント、サスーン(Quant, Sassoon)で、
そして無数の他の流行専門家、音楽家、および18歳が今日命じるその年に出現した芸術家に、政治家とウォールストリートの注意があった。

1963年の前に、若さは大部分は、黙認し取得欲があった。

1963年の後に、それらを無視することは不可能であった。

それらは提供された。

それらは売買された。

それらは聞かれた。

それらが聞かれた。