2013-11-26

日本政府は、情報漏洩と戦うため、新しい国家秘密法案を承認。

BBC News、中国の国営テレビ局中国中央電視台(CCTV)は、日本の衆議院議会は、それらを得ようとするジャーナリストに秘密を漏洩する公務員に、より厳しい罰を課する国家秘密法案を承認したと報告した。

つまり、公務員が犯罪者になる可能性が高くなった。

その動きはリポーターおよび言論の自由運動家によって報道の自由を抑える高圧的な努力として非難された。

しかし、政府は、動きが国家安全保障を理由に必要とされると言った。

法案は今、参議院に提出される。
ここで、さらに、それは可決されると法律になる。

批評家は、政府がより多くの情報を保留し、結局、日本の民主主義を弱めることを新しい法律が可能にするかもしれないと言った。

野党議員による抗議の遅れた次の時間だった後、法案は、日本の議会での2室の部屋の中でより強力な衆議院議会によって承認された。

法案の政府の支持者は、確信してそれが来月、参議院によって承認されることを期待している。

安倍晋三首相の自由民主党は、日本と国家安全保障情報を共有するように米国および他の同盟国を促進するために、法律が必要であると言った。

特派員は、それが彼の祖国の世界規模の安全保障における役割を強くする安倍氏の努力の一部であると言った。

「この法律は、人々の安全性を保護するように定めています」と安倍首相が、人々の法案に対する懸念がさらに国会の討論を通じて取り組まれるだろうと約束して言った。

法案は、国防、外交、対諜報および反テロリズムに省庁の長が秘密23タイプの情報を関連づけさせることを無期限に可能にした。

ただし、日本の自衛隊員はイージス艦の情報を「Winny」による不手際で漏洩したことがある。

さらに、1980年に自衛隊幹部が逮捕された「コズロフ事件」をはじめ、2000年9月8日には 自衛隊3佐が、ロシア大使館の駐在海軍武官と接触し、自衛隊内部情報を漏洩して現金 を受け取っていた容疑で警視庁公安部と神奈川県警に逮捕された。

法律の下では、公務員または他のものは国家機密へのアクセスし、情報を漏らと10年間以内の投獄を可能にする。

それらが情報を求める「大いに不適当な」手段を使用する場合、そのようなリークを促進することの有罪判決を下された民間部門のジャーナリスト他は刑務所で5年以内を得るかもしれない。

立法の相手は、新しい規則が市民的自由および知る公の権利上で基礎的な関係に取り組まないと言った。

彼らは、規則が情報の自由に悪影響を及ぼし、政府の重大に報告することを阻むだろう、と言った。

運動家は、変更がさらに、それらは密告者に湿る影響を及ぼすことによって広範囲の微妙な問題について報告することが影響を受けるだろうとさらに警告した。

日本の動きは米国によって歓迎された。
それは、より強い日本が、中国軍事の上昇を相殺することを望んでいる。

しかし、特派員は、言論の自由が厳しく抑制された時、さらに、それが、日本の軍国主義の過去を鋭利にすることができる恐れを生じたと言った。

何人かのエキスパートは、新しい立法が日本と米国で設計図に書かれた平和主義憲法を改訂する安倍政権のキャンペーン用の方法を緩和すると言った。