2013-11-26

中国は、月面でウサギの探査を開始する。

BBC Newsは、中国の国家国防科学技術工業局(家国防科技工业局)は来月、月面探査第2期として、嫦娥(Chang'e)3号の打ち上げを発表したと報告した。

国防科労働者局のスポークスマンの呉志堅(吴志坚)は、嫦娥3号は月面着陸の重責を担っており、各開発と試験を完了して、打ち上げロケットと探測器はすでに西昌衛星発射センターの発射地点に移動した。

もしも気象などの条件は備えて、今年12月上旬に機会を選んで発射すると言ってる

月に中国で最初の無人探査ロケットを着陸させるつもりであると言ったと報告した。

この調査は、中国の民俗学キャラクター「玉兔(Yutu)」あるいは「硬玉ウサギ(Jade Rabbit)」と命名された、。

近年、中国は、宇宙開発プログラムにおいて相当に進歩した。

6月に、3人の中国の宇宙飛行士が軌道で15日を過ごし、実験の宇宙実験室を備えた技術をドックに入れた。

2007年には、国が、月の周囲を回るために嫦娥1号と呼ばれる無人宇宙船を急送した。

技術は月の表面上へ故意に衝突する前に16か月の間宇宙にとどまった。

最新の発射用の特殊日付は最初、8月に発表したが、延期された。しかし、職員は、それが12月前半に起こるだろうと2013年11月26日火曜日に言っ’た。

すべてが計画に従って行けば、月探査はその月の中頃に月のへ到着する。

着陸船は探索車を運ぶ。
それは、3か月の間表面を調査して、虹のベイ(Bay of Rainbows)と呼ばれるエリアを調査する。

名前「玉兔」、何百万もが参加したオンライン投票の後に選ばれた。

中国は、有人宇宙飛行を達成するロシアおよびアメリカが独立して旅行した後、第三国になって、2003年に宇宙へ最初の宇宙飛行士を送り込んだ。

軍支持の宇宙プログラムは全国誇りの源である。

2010-10-01---6つの進化遂げた月探査衛星「嫦娥2号」
2007-10-25---中国、月面探検に着手!
2006-09-03---中国が「月」からの音楽放送を計画している!
2003-03-01---中国の月探査プロジェクト「嫦娥計画」が正式にスタートした。