2013-11-26

キリスト教、イスラムより速く成長しているFacebookは、コソボを国として認めた。

BBC Newsは、フェースブック(Facebook)上でコソボ(Kosovo)は、最新版で最終のステータスを持ったと報告した。

それは、何千ものボランティアの「デジタル外交」によって保持されたキャンペーンの後に国として認められた。

コソボは2008年に独立を宣言し、それ以来いくつかのヨーロッパ諸国および米国によって認識された。

しかし、最近の変化まで、概算200,000人のKosovanフェースブック・ユーザーがセルビアの市民として登録しなければならなかった。

小さな領域は約半分だけ認識されていない。拒否権を行使する国連安全保障理事会メンバーとして、ロシアを含む世界のいくつかの国家がある。

コソボの外交問題省の上級公務員ペトリット・セリミ(Petrit Selimi)は、彼がFacebookの今回の変更に関して「無我夢中(ecstatic)」と言った。

それは、「若い共和国の外交努力の大部分」の頂点を表わす、と彼が言った。

規則的に他のユーザーとの議論を熱した多作のTwitterであるペトリット・セリミは、コソボが75%のインターネット浸透をしていて、何千ものボランティアの「ディジタル外交官(digital diplomats)」が、その下でFacebookおよび他のWeb会社に繰り返しコソボをリストするように懇願することで、それらが成功した「国のデジタル外交ストラテジー(National Digital Diplomacy Strategy)」を認識のおかげと言った。

動きを確認している間、Facebookはその政治的な分枝を黙らせた。
それを言うことは、企業方針決定ではなくUGCに対する反応の結果であった。

「チェックインおよび広告をターゲットとするために示唆されるロケーションは、ユーザー作成コンテンツおよび第三者出所から私たちが得た情報に基づきます」と会社のスポークスマンがBBCに伝えた。

しかし、それは重要か?

Facebookの承認のスタンプは数えることで、ペトリット・セリミはFacebookが8年で12億の活動的なユーザーに成長しており「キリスト教またはイスラムより速く成長している。」と、言った。

また、フェースブック認識は、ソーシャルメディアがますます重要な市場の地域ビジネスを支持することができる。

オンライン・プラットフォーム「認識」は議論された主権との領域のためのますます実際の問題になっている。

Googleは、「パレスチナのテリトリー」から「パレスチナ」へパレスチナ版と最後の台詞を交換するためのイスラエルの外務省の激怒を招いた。

ペトリット・セリミは、コソボ上でFacebookの動きが政治的でなく国連の会員を達成する、より広い努力にリンクしなかった、と認めた。

彼は、多くの普通の人々にとって、Facebook上であなたの状態をリストする、ユーロビジョン歌コンテスト(Eurovision song contest)によって認識され、あるいはチャンピオンズ・リーグでチームを持っていることが同一性の従来のパスポート・ドキュメントを持っているほどちょうど重要なマーカーであると言った。

何となく、早い時期に国として認められてところと異なり、紛争の後の独立と同一視し、大騒ぎのようである。