2013-11-25

TOTは、2014年第1四半期末までに、モバイル・マネー・サービスを計画。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、バンコク・ポスト(Bangkok Post)からの情報として、タイの国有通信事業者TOT(Thailand’s state-owned operator TOT)は、2014年03月末日までに、スマートフォン・ユーザーのための3つのマネー・サービスを始めることを予定していると報告した。

3つのサービスは、モバイル補助機関のACTモバイル(ACT Mobile)によって、Just Pay商標の下で提示される。
それらはモバイル財布(mobile wallet)、POS(point-of-sale販売時点情報管理)および情報管理サービス(information management services)になる。

アンドロイド(Android)に基づいたスマートフォンを持った加入者は、紙幣支払い(bill payment)を含むデバイスで、オンライン・ペイメント・サービスのためにオンライン・トランザクションを作ることができる。

小売り業者はスマートフォンを使用して、典型的にはモバイルPOSサービス(Mobile point-of-sale services/モバイル販売時点情報管理サービス)によってカード支払いを受理することができる。
あるいは、カード読み取り機を備えたタブレットは付随する。

最後に、モバイルの情報管理、小売り業者を許可し、「そしてそれらが説明する能率的経営用の政府Webサイト上のアクセス・リアル・タイム・オンライン統計報告を管理する。」

ACTモバイルの最高行政官代行アピラク・プレチャヤサンボーン(Apirak Preechayasomboon)は、彼の会社がそのモバイル・マネー・サービスの共同提供のために、いくつかの銀行との会談中であると言った。

アフリカやインドなど、正当なモバイル・マネー・サービスは、発展途上国の方が導入しやすい環境があり、発展途上国のモバイル・マネーがどのように発展するか注目されている。

TOTは2013年02月14日に、新しいCEOとして、ヤンユース・ワタナシン(Yongyuth Watanasin)が就任している。

新しい時代がやって来たのかもしれない。