2013-11-25

キッチンはデジタルになり、食品はバイトになる。

美容と医学の科学

BBC Nesは、将来のキッチンは、あなたが最適の衛生および効率で料理し、買い物をし、かつ食べるのを助けて、あなたの対話型の友達になると予測した。

また、私たちがこの方法を実践するのを助ける技術の多くは既にここにある。

Wi-Fiを特色とするスマート冷蔵庫はタブレット・スタイル・スクリーンを可能にした。
また、バーコード走査技術は、それらが使用期間を含めて食糧を監視することができる。

それらは、あなたがストックの中に持っているものに基づいたレシピをさらに示唆し、あなたのスマートフォンへこの情報をすべて送ることができる。

ほとんどの私たちのキッチン器具は謙虚なまないたから多機能のオーブンまでより聡明になっている。

また、「事態のインターネット」がスピードを上げるとともに、私たちのすべてのデバイスが互いに無線で同様に話しかけている。それはあまり長くないかもしれない。

Chop-sycは、製品デザイナーのシオバーン・アンドリュース(Siobhan Andrews)によって作成された多機能の対話型タッチスクリーンまないたである。

彼女のプロトタイプは、最近発明者のための#GetItDownOnPaperコンペティションに勝った。

ヨーロッパと人間の鋭い研究所によって資金提供され、発明している。

材料を量ることができ、レシピを示唆することができ、食事客の数によって量を拡大するか縮小することができるのはWi-Fiで可能にされたボードである。

シオバーン・アンドリュースは、「健全な料理を単純化する」ためにボードを望んだと言った。

Chop-sycは、さらにレシピ材料をあなたのオンライン・ショッピング・リストに加えて、あなたのスーパーマーケット注文を出すことができる。

タッチスクリーン感度を弱める能力と結び付けられた強化ガラスは、心の損害の恐れのない満足にあなたが遠方に切ることができることを意味する。

「健康次元は実際に私たちを引きつけたものでした」とヨーロッパのシャープ研究所の常務取締役イアン・トンプソン(Ian Thompson, managing director of Sharp Laboratories of Europe)が言った。

以前から、私はシャープを応援してきたのは、大阪のシャープとサンヨーには、多くの面白い発想で開発が行われているからである。

フィンランドからのJanne Palovuoriは、彼女のNutrima食品分析マット・プロトタイプを備えた2013年のエレクトロラックス・デザイン研究所コンペティション(2013 Electrolux Design Lab competition)で決勝戦に出場した。

それは曲がることにより課すことができ、次にオンラインで、重量も地方の食糧を部品外注するのを助けると同様にそれに置かれた成分の毒性および栄養的価値もを測定する。
bendyスクリーン技術が発展するとともに、私たちはすぐに任意の垂直か水平面の上でこの種の対話型の知的なマットを打つことができる。

また、これらの知的な装置がまもなく私たちの知的な冷蔵庫とどのように情報を共有するか確かめることは、想像の大きな跳躍を遂げない。

Fabrice Boutain HAPIforkは、私たちは、どれくらい速く、または遅く食べるか、モニターを今年始めた。

私たちの空腹感と満足が嘲笑するプロセスにより遅れるので、速く食べすぎることは肥満に寄与すると示された。

私たちの食習慣データはコンピューターにアップロードし、グラフ式に表示することができる。

エレクトロラックスの設計の副社長ヘンリック・オットー(Henrik Otto, Electrolux's vice-president of design)はBBCに、
「誘導料理のような消費者の日常の特性になるとは限らなかった多くの技術がまだあります。」と語った。

それは、その後、強磁性の鍋を暖める発振する磁界を生産するために交流を使用する。

それは、従来のガスバーナーあるいは電気的に熱したコイル暖炉の内側の棚より食物を熱する、より速く、よりエネルギー効率の良い方法である。

「これは非常に正確な温度を考慮に入れます。」とヘンリック・オットーが言った。

最新の誘導暖炉の内側の棚は自動的な鍋認識を含んでいる。
それは、一旦典型的なソースパン形がそれに置かれたことを認識したなら、ゾーンが単に熱くなるだろうということを意味する。

これは、それらが誘導ゾーンの上に残される場合、熱くなって、スプーンまたは栓抜きのようなより小さな金属物体を防ぐ。

しかし、オットーは、技術がより広範囲に適用されるかもしれないと考えている。

「あなたの全カウンタートップか、テーブルが誘導技術として組込んで起こりうる事態?」
「万が一あなたの他の器具に動力を供給するためにそれを使用することができたらどうしますか?」と彼は尋ねる。

人口が増えて、コンパクトな都市の生活が標準になるとともに、「部屋はその日の間じゅう変形しなければならない。
また、私たちの技術に対してマルチタスク持つでしょう」
「例えば、居間のコーヒーテーブルは、さらにその後、あなたのラップトップを夜通し課す誘導レンジ上面でありえます。」と彼が言った。

私たちがスタートレック・スタイル食物模写(Star Trek-style food replicators)するものからまだほど遠いかもしれないが、怠惰なコックおよび暇がない親は、バルセロナの新進のナチュラルなマシンからの新発明から気を取り直すかもしれない。

それらがどろどろした限り、それはチョコレートからラビオリまで一連の食料を製作することができる、多くの成分からのプロトタイプ3DプリンタFoodiniを開発した。

技術的に、これは印刷せずに、吹奏している。
また、結果は、恐らくMasterChefの上のどんな賞も受賞しない。

しかし、機械は、正確にプログラムされた形に潜在的に広範囲の食糧を作成するために個別のノズルとは、6つまでの異なった成分を組み合わせることができる。

NASAは、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)の宇宙飛行士に、より刺激的な食事時間を供給することを支援する同様の技術を研究している。

会社の最高マーケティング責任者リネット・クシュマ(Lynette Kucsma, the company's chief marketing officer)はBBCに、
「私たちは、ラビオリからニョッキまでの非常に風味のよい食品...朝食に食べるトーストを飾ることに、食べる日常の食品を捜しています。」
そのメーカーは、ソーシャルメディアを横切って調理用の生成を共有するネットワークにつながれた機械、およびあなたが後でに家へ到着する場合に、あなたの食品があなたの準備ができるようにそれらを前もってセット・アップすることができる労働者を思い描いている。

ダ最高経営責任者エミリオ・セプルベ(Chief executive Emilio Sepulveda)は、私たちはすぐに店で恐らくそれを見ないが、Foodiniが恐らく約1,000ユーロ(US$1,350)かかるだろうと考えている。

しかし、ネットワークにつながれたデジタル・キッチンがより接近して来るとともに、私たちのうちの多数はまだ完全な装置を待っている。

音声生物測定を装備したエスプレッソ・メーカー。

単に1つの単語およびそれは完全で個別化されたコーヒーを上へ醸造する。

今、それは進行になる。

この分野では、電子炊飯器を開発した日本が、最先端である。

私なら、自動ビール製造器やワイン、ウイスキー、ブランデーなど、お酒の開発をすることだろう。

美容と医学の科学

2002-06-28---タスマニアで、古代人の調理場の炉を発掘。
2004-10-20---ギリシャの南部にあるPeloponneseで、粘土囲炉裏が約70カ所確認。
2007-09-12---さあ、「Google 2.0」で料理教室!
2009-06-17---陳さんもびっくり!カリスマ・シェフの中華料理400種を作る料理ロボット登場!
2009-08-15---ベルリンで、カレー・ソーセージ博物館ができた。
2009-10-06---高校生がケミカル検出ロボットを開発。
2010-01-10---ロボット版、ダッチワイフ「Roxxxy」が登場!
2010-12-28---ネアンデルタール人は野菜も食べていた。
2011-02-08---香港アダルトお料理は、女性司会者がヌード!
2012-02-25---スカンジナビア料理が、なぜイギリスでポピュラー?
2012-02-27---中国では、「Apple iPhone」という調理用コンロを売っていた!?
2012-07-02---中国伝統の「胎盤食」で、闇市場!
2013-01-14---菜食主義は、新種の病気!?
2013-01-24---Subwayのサンドイッチが2.5cm短い!?
2013-03-26---フランス人がワインを飲まなくなった!
2013-06-04---日本で当たり前のサッカリンが、ステビアとして、もの凄い注目!
2013-06-05---中国の外食産業トップ100社、海外の成長率が鈍化。地方都市に活路。
2013-06-17---中国の残留農薬基準、項目数は日本のわずか100分の1。
2013-08-05---世界初の研究所で幹細胞から育てられたバーガーは、ロンドンで食べられた。
2013-08-06---フランスの考えとして、レストランを法制化している。
2013-10-18---北京の絶倫料理は、動物のペニス鍋。
2013-10-31---フランスのシェフは、フランス大統領の味覚を明らかにする。