2013-11-22

ボーダフォンは、ヨーロッパ全土で、NFCに基づいたモバイルペンイメントを開始。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、ボーダフォンは、そのヨーロッパ市場全体でモバイルの処理用のモバイル・オンライン・ペイメント・サービスの着手を発表したと報告した。

サービスは、2013年11月22日にスペイン、ドイツ、12月中旬およびオランダ、2014年春のイギリスとイタリアで開始する予定になっている。

ボーダフォン財布(Vodafone Wallet)はさらに補足して、乗車カード、ロイヤルティーカード、ギフトカードおよびバウチャーを保持することができ、顧客の財布かハンドバック中のプラスチックカードに時間よって取って代わる。

ビザと提携して開発されたボーダフォンSmartPassサービス(Vodafone SmartPass)は財布に利用可能な最初のモバイルペンイメント・アプリ(mobile payment app)である。

必要な場合ボーダフォンSmartPassは資金提供することができ、ヨーロッパに120万以上を含む世界中の小売り業者の中のどんなビザ非接触ペイメント・ターミナル(Visa contactless payment terminal)でもスマートフォンで顧客が品物の代価を払うことを可能にする。

ボーダフォン財布は、短距離以上の暗号化されたデータを送るためにNFCの技術および等価なEMV従順な支払い技術を使用する。

サービスは、最初に2014年に範囲を急速に拡張する計画と共に、サムソン、ソニーおよびHTCからのNFC対応のスマートフォンで利用可能になる。

財布へそれらのカード・ポートフォリオ(card portfolios)を統合するために、ボーダフォンは、さらに主なヨーロッパの銀行と仕事をしている。

その会社は、さらにそのモバイル財布がGlobalPlatformオープンスタンダードに構築された最初のヨーロッパのモバイルペンイメント・サービスであると言った。

ボーダフォン・グループmCommerce管理者クリスチャン・ビルツ(Christian Wirtz, Group mCommerce director, Vodafone)は、
「プロプラエタリ・システムに対立するものとしての最新のGlobalPlatform標準に我々のサービスを構築することによって、我々のモバイル財布は、銀行と金融機関を含むすべての第三者サービス・プロバイダーに開いている。また、我々はこの上なく広い業務用の・ポートフォリオを伝えることに集中する。」
顧客がNFCの互換性をもつスマートフォンを持っていなければ、それらは、今までどおりボーダフォンSmartPassアプリをダウンロードし、それらのデバイスに付けることができる「NFCのタグ」を申請することにより、モバイル決済解決を使用することができる。

顧客は、ボーダフォンSmartPassアプリ(Vodafone SmartPass app)によって頂部を覆い、販売時点情報管理でそれらの電話をタッピングすることにより払うことができる。

特徴電話を持った顧客は今までどおりタグを使用することができるが、Webサイト経由でアカウントに資金提供することができる必要がある。