2013-11-22

スイスの有権者は役員報酬拘束について、国民投票で採決。

BBC NEWSは、スイスの有権者は今週末、役員報酬を制限するために厳密な新しい法を決めるように、投票へ行く。

この手段が、承認されたならば、最高経営者の給料を同じ会社の中の最低賃金労働者の賃金の最高12倍に制限する。

1:12イニシアチブ(The 1:12 initiative)はスイス・ヤング社会党員に支持された。
この人は国民投票を呼ぶために必要な100,000の署名を集めた。

スイスは今年M2回目のトップの給料について採決する。
3月に、彼らは、大きなボーナスを抑制し、かつ退職金と餞別金を禁止することを圧倒的多数で票決した。

両方の投票は、国の最高経営責任者のうちの数人が200を超えて得ている意外な新事実に対するスイスの高まっている怒りで、従業員が家に持ち帰るものの時間を計ると考えた。

それは、より早くスイスの銀行業務大手UBSがボーナスの中でUS$260万与えた今年に出現した。
その図は、銀行の2012年以上のロスと正確に一致した。

「過去2、3年で、これらのマネージャーは実際に非常に多く得ていた。」
「例えばクレディ・スイス(Credit Suisse)の最高経営責任者は、一時点で[最低の払われた]従業員の820倍得ていた。したがって、正気でない、それは親切です。これらの賃金。私たちはこれを止めたい。」と若い社会党員コリーヌ・フランクハウザー(Corinne Fankhauser)は言った。

若い社会党員は、それを説得するため、ある利口な軍事戦術を考案した。
通りの上の無料なチョコレートチップ・クッキーを渡し、不足する場合に、それらは12もをとることができると通行人に伝えることであった。

もちろん、非常に貪欲に見えたくないので、誰も取らなかった。

同じ姿勢が役員報酬に当てはまるべきであると若い社会主義者は主張した。

しかし、大銀行で支払われた数百万ドルの給料が大見だしで報じられている間、それらは全体像ではなかった。

スイスの経済の実際のバックボーン、国中で何百もの中小企業である。

スキームはさらにそれらに影響し、それらのマネージャーの見解で混合された。

キッチンおよび家具会社Amarena AGのトマス・ガーバー(Thomas Gerber)は、所有者で最高経営責任者である。

ビジネスは小さい。
しかし、それは4つの大陸にクライアントを持っている。

ガーバーには8人の職員がいて、彼の従業員のちょうど1.3倍を得ている。

彼はより多くの物を欲しがらない。

「私は、私たちがマネージャーのためのこれらの法外な給料のためにヘッドラインの中に単にいつかいれば、それはメーカーとして私たちのために、スイスのイメージは非常に悪いと思います」と彼が説明した。

「スイスは単に大手会社の多くではありません。私たちは社会です。私は、私たちは質のproducts…に戻らなければならないと思います、巨大な給料ではなく、私たちのビジネスの重要な部分です。」と言っている。

しかし、必ずしも誰もがガーバーの視点を共有するとは限らない。

多くの所有者およびマネージャーが、提案された制限が危険を冒してスイスの少数の注目で、誤りのために事業をすべて罰してみるのではないかと心配している。

企業方針に従って、電動自転車を作るBikeTec AGの所有者および管理者カート・シャー(Kurt Schaer)は、約5倍得ている。
彼のスタッフはそれを得て彼は、また、彼がもっと多くを望まないと言った。

「もちろん、私は高給に反対します」と彼が要求した。

「それはイメージによくありません。しかし、基本的に、私たちは、会社の中での政府からの影響がありたくありません。それは株主の自由決定です。どのように、管理と従業員を払う、彼らが多くを望むかです。」
また、Schaer氏は1:12を通って、警告します、BikeTecが、それが既に付着させる支払い制限に従っている政府監査役に証明する彼の拘束時間およびお金を要するでしょう。

「私たちは、会計課のより多くの人々を雇わなければならないでしょう」と彼が言います。

「私は、新市場を作成するために新製品を作成するお金を使いたいし、単にいくつかの愚かな裁決に続くためにお金を使わない。」と言っている。

スイスが財界人と労働者の間の社会協力の比較的成功した伝統を持っていることを指摘して、1:12にスイスの政府も熱心ではない。

「給料に一致する私たちの方法は、多くのよい仕事および非常に低い失業率に結びつきました」とヨハン・シュナイダー=アマン経済大臣(claims Economy Minister Johann Schneider-Ammann)が主張した。

「私はそれを成功のスイスのレシピと呼びます。私はこの価値のあるシステムを危険にさらしたくありません。[投票が可決される場合]最低賃金は実際に上昇しませんでした。それははるかにありそうで、給料はすべて下方へ運転されるでしょう。」

何人かの財界人は、それらがトップの給料を払うことができなかったならばスイスの主要な事業がトップの人々を引きつけることができないだろうということをそのような極端な方法で給料の制限が意味するだろうとさらに主張した。

しかし、単に過去数か月にわたり、高給のまさにその言及がスイスの有権者を刺激することを世論調査が示したというだけの理由で、この議論はあまり広く放映されていない。

より多くの反響を持っているものは、給料制限のためにスイスでセット・アップすることに対して、外国のビジネスが決定するかもしれない議論であった。
相手が議論するものが、失業の増加および税収の減少に結びつく。

しかし、結局、政府も財界人も最終発言権を持たない。

代わりに、スイスの直接民主主義の長い伝統では、投票者が決定する。

1:12があまりにも遠くに1ステップであると投票者が信じてもよいことを最新のものは示すが、世論調査は接近している。

しかし、スイスがいずれにしても全国的な国民投票を行っているという事実は、ボーナスを弾圧したわずか数か月後に、実際に大手会社のそれらの高く得る上司へのメッセージで、その過度の給料(12のクッキーのような)ちょうど平易で、貪欲に見える。

これほど簡単に国民投票が実施され、その内容は日本やアメリカでは考えられない内容の制限法であった。