2013-11-22

Google Playは、消費者と開発者を失望させている。

Mobile World Liveは、モバイル・ゲーム分配会社WildTangentのゲーム・サービスの上級のVPショーン・バンダーダーソン(Sean Vanderdasson, senior VP of Games Services at mobile games distribution company WildTangent)は、Google Playは、Googleのハンズオフ・アプローチによって作成された非能率で、よりアプリ開発者と消費者の利益に役立っていないと言っていると報告した。

Mobile World Liveでショーン・バンダーダーソンは、利用可能な「そこにある何十万ものものは、品質を変える。」と、Google Playの製作のアプローチを非難した。

Google Playによって行われている貧弱な仕事の表れは、ショーン・バンダーダーソンによれば、セキュリティソフトがデバイスでますます配布されているということであった。
「あなたがGoogle Playから分配されている材料を防ぐためにセキュリティソフトを含まなければなら、それらは明らかには非常によい仕事をしていません。」
「Google Playは、消費者の最大の利益にあるものと異なるものに興味を持っています。」
「それらは、ユニットの数を備えたアップルに対する競争にあります。」と彼が続けた。

アプリケーションの量への焦点は、モバイル・アプリケーションの初期の時期で面白い一方、Google Play中のアプリ発見をますます困難にした。

ショーン・バンダーダーソンによれば、これは、誰か他の人以上にGoogleへ役立つかもしれない。
「非能率は、私があなたを探索させることができれば、それらの強さは、それはそうで、次にGoogle Playで見るつもりの次の論理的なものであるものにプレーします?それはアドワーズ(AdWords)になるでしょう。それはGoogleのための次の論理的なプレーです。」

「私がそれにコンテンツを1メートルトン持っている市場を持っており、それがもしちょっと不器用か、非能率的だったら、それをゲーム開発者に、より能率的にするために私に払ってください。」
「それは、かなり無慈悲な方法です」と彼が付け加えた。

Googleは、少しでも非難されると攻撃してくると言う子供のように幼稚で、愚かなところがあり、こいつらは成長できない餓鬼か?と言いたくなることが多々見える。