on-the-time.jp

2013年11月15日

スペインのピアニストは、騒音公害罪で懲役に直面。

BBC Newsは、スペインの検察官は、元隣人が主張した騒音公害で訴えている専門のピアニストのために20カ月の実刑判決を求めていると報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

音楽家ライラ・マーティン(Musician Laia Martin)の家族の階下の隣人ソニア・ボソム(Sonia Bosom)が精神的危害を引き起こしたことで彼女を告訴した後、はジローナ(Girona)で審理中である。

検察官エマ・ルイス(Emma Ruiz)は、さらに27歳の彼女に、専門のピアノで演奏することを6カ月間禁止することを要求している。

評決は2週以内に期待されている。

ライラ・マーティンの親も訴えられており、有罪だと分かった場合、罪に面する。
ソニア・ボソムは、その時の芸術学院学生だったピアニストが、彼女のピアノを2003年から2007年に毎週5日間,日ごと8時間実行したと主張した。

「ピアノ恐怖」
申し立てられた犠牲は、彼女が今、そのようにピアノが大嫌いであると言い、彼女は映像でそれらを見ることさえ、我慢できないと報告書は述べている。

ソニア・ボソムの弁護士はAP通信に、彼女が「苦痛の4年」に耐えたと言った。

彼らの弁護では、マーティン家は、彼らが遮音に部屋を試みて、実行が要求されたほど一定ではなかった、と言った。

検察官は、マーティンのために7年以上の懲役を最初に求めた。

日本では,ピアノで騒音殺人事件が起こっている。

2013-05-20---超音波の雑音(Supersonic Noise)。
2012-08-29---イヤホンは、ジェット・エンジンからの雑音くらい危険。
2011-09-12---混乱のコントロールで、ジェット雑音を削減。
2011-07-01---フランスの虫は、交尾期に性器でオートバイ並みの騒音で鳴く?
2011-06-08---映画館から放り出された女性が、テキスト・メッセージングで苦情!
2009-11-10---夜の営みの声が大きすぎる夫婦への判決!
2009-07-05---大阪市此花区のパチンコ店で放火殺人事件が発生した。
2008-12-09---クリスマスのオンラインBuzz(騒音)が市場を動かす!
2008-07-30---騒音をストリップと間違えた警察官!
1991-08-02---熱量と騒音の計量法を改定した。
1984-03-09---大阪空港の騒音訴訟問題で、和解案を国が受入れた。
1982-10-06---「テレビ騒音殺人事件」が起こった。
1975-11-27---大阪高裁が大阪国際空港騒音問題で、午後9時以降の飛行禁止を認めた。
1974-08-28---「ピアノ殺人事件」が発生した。
1963-03-29---騒音自動表示器が設置された。
1962-12-11---陸上自衛隊島松演習場の電話線を切断した「恵庭事件」が発生した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト