2013年11月15日

ケニア人は、家畜のヤギを殺す指名手配のチータを捕らえた。

BBC Newsは、ケニア北の東部の4人の村民が捜し求めていた、ヤギを殺していた憎っくき2頭のチータを捕らえたと報告した。

ヤギの所有者は、チータが日ごとに彼の家畜から一匹ずつ盗んでいるとBBCに伝えた。

その人たちは、4マイル(6.4km)の距離にわたる追求を始める前にその日、最も暑いときまで待った。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

チータは非常に疲れていたので、それらがもう攻撃することができなかったと言った。

村民はそれらを生きたまま捕らえて、ケニア野生生物サービスにそれらを渡した。

ヌル・オスマン・ハッサン(Nur Osman Hassan)は、「チータがほとんどの私のヤギを殺したので、私は、それらの補償を必要としました。」とがBBCのソマリ語サービスに伝えた。

特派員は、家畜がケニアで乾燥した北東に住んでいるソマリ・コミュニティーのための経済的バックボーンであると言った。

ヌル・オスマン・ハッサンは、ワジール(Wajir)町の近くの村で、チータが数週間にわたる彼のヤギ群を攻撃していたと言った。

「これらのチータは、私のヤギのうちの15匹を殺しました。それらは私の家で、私のヤギを毎日殺すようなりました。」と彼が言った。

彼は、チータが非常に疲れており、通常陰の中で休止する場合の時刻に、それらの捕獲を組織するために村へ戻ることをに決めたと言った。

彼が午前早くに、「それらが別のヤギを殺すのを見た時、私は1杯の茶を飲んでいました。」と説明して言った。

彼は、太陽が高くなる時まで、数時間待ったと言った。

「私は何人かの青年を呼び出して、私たちはそれらを追跡しました」
「私たちはそれらを捕らえました。また、私たちはそれらを地方自治体にもたらしました。」と彼が言いました。

この会話は、ケニアのチータのことを知らないと,ちんぷんかんぷんかもしれない。

ケニアの猫科の中でも、チータはほとんど人などを襲わないで,鶏や羊、ヤギなど家畜を襲うことが多い¥。
また、チータはもの凄いスピードで走ることができると言われているが,それは涼しいときで、暑いときは逃げることもできず,ゴロゴロしているので、簡単に捕まえることができる。

ワジール(Wajir)町のGoogle Earthポインター情報
1°44'55.82"N,40° 3'31.08"E
または、
1.748839, 40.058633

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト