gaYa広告

2013年11月15日

コンゴのインガ・ダム計画はアフリカに動力を供給できるか?!

BBC Newsは、コンゴ川(Congo River)の活発な水域は、アフリカの多くを照らすパワーを持っている。
そのようなものとしては、その巨大な水力電気の可能性であると報告した。

それはこの再生可能エネルギーを利用するかねての大陸の夢だったがコンゴ民主共和国(Democratic Republic of Congo)の波瀾に富んだ過去を与えた。
それは恐らく単にそれのままであるように見えた。

しかし、計画された水力発電計画から電気を買うと約束する南アフリカによって署名された最近の取り引きのおかげで、8年の時間で、それは現実になり始めるかもしれないといっている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

コンゴ川と平行で、約30,000人の村民が生活しているブーンディ谷(Bundi valley)は、水で氾濫し、巨大な湖になるために堰止められる。

全体のプロジェクトはグランド・インガ(Grand Inga)として知られ、また、完全に完成した場合、中国の三峡ダム(Three Gorges Dam in China)の発電量の2倍以上で、世界で最大の水力発電所になるといわれている。

プロジェクトのためのサイトは、強力な早瀬と滝がある川口から約50km(30マイル)で、DRコンゴ最果ての南西部の行政区Bas Congoにある。

DRコンゴの水力の資源および電気の大臣ブルーノ・カパンディ(Bruno Kapandji, DR Congo's minister of hydraulic resources and electricity)は、BBCに「1つのダム壁が単にあるでしょう」
「しかし、40,000MW(メガワット/megawatts)以内の電気を生産する、そのまわりの6つの異なる水力発電所があるでしょう。」と伝えました。

これらの発電所の各々はプロジェクトで個別の過程を表わす。
しかし、電気は、最初に、インガ3が完成する予定である場合、2020年までにオンラインで来ることになっている。

それは4,800MWの電気を生産する。
その2,500mWは南アフリカへ、および地域の豊富な鉱山の中で使用されるカタンガ(Katanga)へ1,300MWへ行くといっている。

昔から,コンゴは豊かすぎて,戦争をしていると言われ、それがなければもの凄く豊かになる国である。

Bas CongoのGoogle Earthポインター情報
5°14'11.57"S,13°55'6.05"E
または、
-5.236547, 13.918347

2013-10-29---国連は、DRコンゴM23反逆者が「ほとんど終了された。」と言った。
2013-10-09---広島、長崎の原爆に使われたウランは、自然財産によって祟られたコンゴから来た。
2013-07-22---アフリカのコンゴ盆地熱帯雨林の森林破壊。
2012-08-18---エボラ・ウイルスは、DRコンゴの町Isiroを攻撃!
2011-12-28---コンゴのネッシーのようなモンスター!?
2011-12-20---ジョーゼフ・キャビラは、DRコンゴで大統領として宣誓する。
2011-08-20---コンゴのマンハッタン計画!
2011-07-13---コンゴの戦争で引き裂かれた隣接する国の性的な暴力!
2011-01-19---DRコンゴの軍司令官「大規模レイプ事件」
2010-06-06---コンゴ大統領は、人権保護運動家の死で警察代表を更迭した。
2007-10-20---コンゴ民主共和国、22テレビ局と16ラジオ局禁止!
2007-08-07---コンゴの学生がベルギーで、「コンゴのチンチン」は人種差別と訴訟。
2007-06-14---コンゴで、国連に後援されたジャーナリストを殺害!
2007-05-24---コンゴでゴリラ保護レインジャー殺された!
2006-12-07---コンゴで活躍する地震探知機!
2006-05-03---コンゴからの不法入国者対策で映画を作るベルギー
1989-12-12---「ちびくろさんぼ」が人種問題で絶版になった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告