2013年11月09日

北京のスモッグは、肺癌の急上昇を見た。

BBC Newsは、中国の首都北京の肺癌の数は、最近の十年間の間で急上昇した。

国営の新華社通信によって公表された図によれば、それらは50%以上増加した。

北京の厚生当局は、喫煙がまだ肺癌のナンバーワンの原因であると言った。
しかし、それらは、大気汚染がさらに要因であることを認めている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

WHO(World Health Organization/世界保健機構)は、汚染大気が何百万もの人々毎年を殺すと最近推測した。

新華は、たった1つの都市と1つの疾病に向かってある最新の図が、北京市の健康事務局によって出されたと言った。

それらは、100,000人について肺癌患者の数が、2002年に39.56人だったことを示し、2011年までに63.09人までジャンプした。

記事は、患者の増加の理由を教えなかった。

北京の厚生当局は、ライフスタイル選択に肺癌がトップの原因をまだ喫煙とリンクされたと言った。

しかし、彼らは、受動喫煙と大気汚染がさらに要因かもしれないと言った。

先月、WHOは、大気汚染と多くの異なる疾病および病気の間のリンクを詳述する科学報告書を出した。

それは、微粒子中の呼吸が世界中で年間320万の若死の一因となり、肺癌から200,000人以上を殺した、と推測した。

「周囲の微粒子に起因する肺癌死の半分以上は、中国と他の東アジアの国々へ行ったことがあると計画された。」とWHOが言った。

特派員は、中国の人々が、彼らの国で環境を保護するように定めた、貧弱に執行された法則と結び付けられた高度経済成長の結果の多くをしばしば覆う、厚い大気汚染によって引き起こされた健康問題をますます心配するようになっていると言った。

今週の初めに、江蘇省で、8歳の少女が中国の最も若い肺癌患者になったことは報告された。

大気汚染が非難された。

彼女を治療していると思われた病院は報告書を否定した。
しかし、物語によって引き起こされた抗議は、関係のある人々がどのようにしてなったか示した。

中国では,最低賃金の上昇を報告しているが、練炭が1日1個だったのが,1日2個になって、大気汚染をひどくしたというのが真実かもしれない。

2013-11-07---北京の大気汚染の情報画像。
2013-10-31---CO2排出が、「永久の減速」を示唆。
2013-10-21---中国のハルビンで深刻な大気汚染、PM2.5計測上限超えた。
2013-10-19---米国のジャズ・スター、北京の大気汚染で、コンサートをキャンセル。
2013-10-18---中国メディアが、ヨーロッパの大気汚染を報道。
2013-08-18---未来の都市。あなたはスマート・シティに住みたいですか?
2013-07-09---中国北部の無料石炭政策は、平均寿命をカット!風下の日本へ,殺人攻撃!
2013-06-19---中国の国務院、大気汚染防止10大措置を発表。
2013-04-02---ヒューストンの住民は、最新のスモッグ・データiPhone Appを得た。
2013-02-22---日本製空気清浄機 中国で販売急増中!しかし、高価で「暴利」と不満も---。
2013-02-16---中国人ビジネスマンは、汚染した川で泳ぐことを職員に挑ませた!
2013-02-06---自動車の排気ガスは、出生時に赤ちゃん体重を低下させる。
2013-02-04---癌に取り組むこと、あなたが知る必要なこと!
2013-02-04---北京の汚物市内の汚染源200企業を年内閉鎖。
2013-02-01---有害濃霧の原因となる中国の自動車排ガス。原因は国家基準低さ?
2013-01-31---中国の「鼻毛地図(hairynose map)」
2013-01-14---Oh, my God!これが、北京スタイル(Beijing STYLE)!?
2013-01-13---北京、スモッグ・チャートが限界を超え、移住者に警告!
2013-01-12---北京の大気汚染が急上昇し、猛毒で覆われた!
2012-10-10---米国の研究者は大衆のレベルに炭素放射を写像。
2012-01-21---北京が大気汚染データを発表し始めた。
2012-01-12---健康と食糧安全の利点を変更できる気象環境。
2011-12-05---中国の首都が濃厚なスモッグで、北京空港が何100フライト中止!
2011-11-15---中国の電力不足深刻、電気料金引き上げ不可避か!?
2011-09-26---デリー・メトロは、国連からのカーボン・クレジットを得た。
2011-09-21---中国が適用する火力発電所の排出新基準。
2008-09-23---買い手にとって、重要な環境優しい車(EnviroFriendly Cars)。
2008-08-05---フランダースの研究所、北京の大気汚染モデル開発!
2008-05-07---航空サービスと環境問題
2007-12-27---だれが、無責任な自動車の放出を規制すべきか!
2006-11-13---2025年までに米国で25%の電気や自動車を再生可能資源燃料に置換。
1971-10-03---日本初のノーカー・デーが実施された。
1970-09-22---大気汚染防止法「マスキー法案」が上院で可決された。
1967-09-01---「四日市ぜんそく」訴訟を起こした。
1962-05-23---公害白書が初めて発表された。2013-10-31

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。