2013-11-09

史上初めて、オリンピックの聖火のトーチは宇宙遊泳でリレーされた。

AP通信、BBCNewsは、オリンピックの聖火のトーチは、地球の約260マイル上空で軌道に乗ったISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)の外に出た2人のロシア人宇宙飛行士によって注意深く、2013年11月09日土曜日に史上初めて宇宙遊泳で引き渡されたと報告した。

NASAによって流されたビデオは、ソーチ冬季オリンピック大会の点火していない聖火のトーチを運ぶオレグ・コトフ(Oleg Kotov)およびセルゲイ・リャゼンスキー(Sergei Ryazanskiy)を示した。
それは、星によって点のある暗さの中のテザーの終わりに無重力状態で上下に動いた。

日の出で照り輝く地球の端惑星を背景に対する聖火のトーチの写真をとるために,2人は慎重に演習をした。

その後、2人は、足載せ台を付けることを含み、軌道に乗る宇宙ステーション研究所の外部のカメラ台前ににそれを返し、約6時間続く宇宙遊泳で他のタスクを継続した。

聖火のトーチは木曜の朝に、ロシアが活動の一環として、カザフスタンのバイコヌール・コスモドローム(Baikonur cosmodrome in Kazakhstan)から宇宙へ発射された。

聖火のトーチは、月曜日に3人の乗組員と地球へ帰ってくる。

それに、火を付けることは貴重な酸素を消費し、乗組員を危険にするので、聖火は、宇宙基地に乗って燃えなかった。

オリンピック聖火はアトランタ夏季オリンピック(Atlanta Summer Olympics)のために、1996年に米国のスペースシャトル、アトランティス(U.S. space shuttle Atlantis)に乗って宇宙に打ち上げられたが、しかし、それが宇宙船の外部で手渡されたのは、これが最初であった。

聖火のトーチは冬季大会の4か月に先立つ2013年10月07日にそのリレーを始めた。
また、それは約65,000km(39,000マイル)をカバーする。

通常、聖火の炎は、ランタンで安全に包まれる。

土曜日に、聖火の炎は、宇宙で聖火のトーチ・リレーが行われたほとんど同じとき、寒く遠隔のシベリアの都市ヤクーツク(Siberian city of Yakutsk)であった。

2010-12-02---そして、ワールドカップは2018年がロシア、2022年がカタールに決まった。
2011-10-16---2014年に冬季オリンピックを開催するロシアのソーチ!
2013-10-06---プーチンは、ソーチ大会用オリンピック聖火リレーを始めた。
2013-10-19---ソーチ冬季オリンピックの聖炎は北極点に着いた。
2013-11-09---世界初の宇宙聖火リレー!