gaYa広告

2013年11月09日

さあ、携帯電話appで、ゴキブリをコントロール!

BBC Newsは、その動作が携帯電話アプリによってコントロールされることを可能にするゴキブリ上に適合する「電子バックパック」を開発した米国の会社は、残酷クレームから自己弁護したと報告した。

The Backyard Brains社は、このデバイスが、子どもを神経科学に興味を持たさせるように意図されると言った。

スポークスウーマンは、土曜日に正式に始められたデバイスがギミックではないとBBCに伝えた。

しかし、批評家は、会社のスタンスが「不誠実である」と言った。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

「電子バックパック」ワーク( "electronic backpack" to work )については、紙やすりが昆虫の頭のシェル上のワックス・コーティングを削除するために使用される前に、それらを征服するために氷の水にゴキブリを置かなければならない。

その後、電極コネクターおよび電極は昆虫の身体上へ固定される。
また、針はワイヤーを挿入するためにそれらの胸部の穴を突くために使用される。

その後、それらのアンテナはカットされる。
また、電極が挿入される。

回路はそれらの後部へ付けられている。
また、信号は、ユーザーがゴキブリの左と右への動作をコントロールすることを可能にする携帯電話appによって受け取られる。

動物行動科学者ジョナサン・バルコンベ(Animal behaviour scientist Jonathan Balcombe)は、昆虫がプロセスで傷つけられると言ったと、米国の科学的なWebサイト上で伝えられた。

「もし学生にアリを焼き次に、それらの組織を見るために、教師が拡大鏡を使用させていたことが発見されれば、人々はどのように反応するでしょうか。」

彼は発言として引用された。

同様にクイーンズ大学哲学科のマイケル・アレン教授(Likewise Queen's University philosophy Professor Michael Allen)は、デバイスが、で「生体上で侵略的に作動するアマチュアを激励する。」そして「単なる機械あるいはツールとしての複雑な生体の思考を促進する。」と警告した。

ミシガンの会社は、Roboroachとして知られているバックパックは「精神病質者になることを子供に教えます。」と言う電子メールも受信している。

Roboroachは、重さ4.5gで、ほとんどの携帯電話と互換性がある。

それは、それをスイッチの動きで、昆虫アンテナを越えて左右に動く。

しかし、The Backyard Brains社は、まもなく世界の20%が既知の治療がそれのためにない神経疾患を持ち、バックパックで「学生が初期にこの世でレベル研究を卒業させることを可能にする」と、言った。

会社スポークスウーマンは、単独で彼女が、神経科学に興味を持つように子どもを激励するために、アメリカの学校で一層よく教えられる必要があったのでバックパックが開発されると言ったとBBCに伝えた。

彼女が、「そのときは、この決定的に重要な主題は、それがいつ優れた主題でなければならないかを生物学概要内の多くの学校を教える神経科学で悲惨にアンダー教えられます」
「アルツハイマー病のような脳の疾病が社会内のより重い打撃を与える場合、それは特にそうです。」と言った。

スポークスウーマンは、昆虫が人道的に扱われ、2011年に最初に開発されたバックパックがそれらを傷つけないことを要求した。

バックパックはUS$99(£61)と値づけされ、米国に11月に広く利用可能になる。

2013-06-10---半分ゴキブリ、半分ロボットのサイボーグを使って TEDGlobalニューロ科学教材。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告