gaYa広告

2013年11月09日

世界初の宇宙聖火リレー!

BBC NewsとNASAは2013年11月07日に、ソーチ冬季オリンピック(Sochi Winter Olympics)用の聖火を運ぶソユーズロケットは、ロシアで来年の大会を披露する努力の一部として国際宇宙ステーションでドックに入ったと報告した。

2013年11月09日土曜日に、2人のロシア人宇宙飛行士が歴史的な世界で最初の宇宙遊泳で聖火をリレーする。

もちろん,聖火には火は付けられないだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

もっとも、ロシアの聖火リレーでは,一時火が消えて、ライターで着火されたところが写真で公開された。

BBCのダニエル・スタッドフォードがバイコヌールで(Daniel Sandford in Baikonur)で、このイベントは、現代の国として強く描写するように計画されて、ロシアによるリブランディング練習の一部であると報告した。

聖火は、宇宙飛行士のロシア人のミハイル・チューリン(Russia's Mikhail Tyurin)、アメリカ人のリック・マストラッチオ(American Rick Mastracchio)、日本人の若田光一(Koichi Wakata from Japan)が搭乗し、カザフスタンのバイコヌール・コスモドローム(Baikonur cosmodrome in Kazakhstan)から打ち上げられた。

オリンピック・シンボルは既に軌道上のステーションに滞在している宇宙飛行士仲間オレグ・コトフ(Oleg Kotov)とセルゲイ・リャザンスキー(Sergei Ryazansky)に宇宙空間で渡される。

オリンピック聖火は、宇宙へ2度以前に1996年と2000年に運ばれた。
しかし、それは宇宙船には言っていない。

聖火は酸素を消費し、乗組員に危険をもたらすとともに、宇宙ステーションでは、着火できない。

その後、ソーチの聖火は地球に返され、来年2月に聖火台をつけるために使用される。

それは、ソ連の時代以来すべてロシアで最初のオリンピックの精巧な準備の一部である。

それはさらに約US$500億(1,620bnルーブル)かかって、これまでで最も高価なオリンピックになる。

ゲームへの準備段階では、大会の開催地ソーチを作るのを支援した出稼ぎ労働者への権利グループによる主張と同様に、同性愛に関する情報の普及を制限する新しいロシアの法律に関する論争によって損なわれた。

まだ別の小さな後退では、聖火リレーが先月始まって以来、炎は数回消えた。

2010-12-02---そして、ワールドカップは2018年がロシア、2022年がカタールに決まった。
2011-10-16---2014年に冬季オリンピックを開催するロシアのソーチ!
2013-10-06---プーチンは、ソーチ大会用オリンピック聖火リレーを始めた。
2013-10-19---ソーチ冬季オリンピックの聖炎は北極点に着いた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。