2013年11月03日

ベルリンのピンクのパイプ・ラインは,どこにつながっているのか?

BBC Newsは、ベルリンを訪れる人は誰でも巨大なピンク・パイプに気づく。

それはまるでピンクのヘビのように、都市を何マイルもうねっている。

それらがドイツの首都を通って前進するとともに,それらの多くは。頭の高さを上回って、明るく色づけしたチューブは精巧な形を形成している。

しかし、それらは何か?
また、なぜそれらはそこにあるのか?

それを見いだすため、BBCのスティーヴン・エヴァンスは、パイプのうちの1つを追った。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

答えを知りたい人は、追い掛けてください。
でも、なぜピンクなのか?

これは最近始まったことではない。

すでに25年以上続いていると言っている。
心理学者も関係している。

太さも一定ではない。

完全に解明するには,英語とドイツ語が必要かもしれない。

ピンクのパイプ・ラインの保存場所のGoogle Earthポインター情報
52°33'2.77"N, 13°30'48.13"E
または、
52.550769, 13.513369

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。