gaYa広告

2013年11月03日

ベルリンのピンクのパイプ・ラインは,どこにつながっているのか?

BBC Newsは、ベルリンを訪れる人は誰でも巨大なピンク・パイプに気づく。

それはまるでピンクのヘビのように、都市を何マイルもうねっている。

それらがドイツの首都を通って前進するとともに,それらの多くは。頭の高さを上回って、明るく色づけしたチューブは精巧な形を形成している。

しかし、それらは何か?
また、なぜそれらはそこにあるのか?

それを見いだすため、BBCのスティーヴン・エヴァンスは、パイプのうちの1つを追った。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

答えを知りたい人は、追い掛けてください。
でも、なぜピンクなのか?

これは最近始まったことではない。

すでに25年以上続いていると言っている。
心理学者も関係している。

太さも一定ではない。

完全に解明するには,英語とドイツ語が必要かもしれない。

ピンクのパイプ・ラインの保存場所のGoogle Earthポインター情報
52°33'2.77"N, 13°30'48.13"E
または、
52.550769, 13.513369

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告